ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

浴衣

動画/浴衣の着方 女性はどっちが前?自分で着て兵児帯も付ける方法

投稿日:

夏祭りや花火大会、旅行先の旅館でも浴衣を着る機会がありますが、美しく着れていますか?

案外悩むのは、襟ですね。前にするのは右か左か?正解は、右側が前です。ご自身の右手側を先に巻いて、後から左側を被せるからです。

そんな小さな疑問を解決できる動画をピックアップしました。

なかなかわかりやすいと思いますので、ぜひご覧ください。

スポンサー

 

浴衣の着方 女性の基本

反転にしていますので、わかりやすい正しい浴衣の着付け方動画です。


前幅を合わせる
裾はくるぶしの高さへ
腰ひもで止める
脇から手を入れおはしょりを直す
背中を縦方向に引っ張り
後ろ襟をこぶし1個分あける
襟を合わせ胸下で紐止め
おはしょりは床と並行に帯から7~8㎝出るのが理想
背中のおはしょりを前へ寄せて整える
おはしょりを崩さないように伊達締めを巻く
帯端から30㎝を縦に折り、右肩にかけクリップなどで一時的に待機
帯を胴に2回巻き付ける
帯は緩まないように締める
帯を斜めに折って残った帯同士を結ぶ
30㎝の長さで帯を山折り、谷折りにしてリボンを作る
退避しておいた肩の帯をリボンの中央に巻き付け整える
帯の前と後ろを持って左から右に回し、リボンを後ろにする
帯板を入れる

浴衣の着方 どっちが前?を解決する簡単着付け

浴衣の着付け2回目の女性の動画です。先生に教えてもらって練習中とのこと。

腰ひも2本だけを使って、2回目の自分でも簡単にできると頑張っています。

ブラフィールやブラトップを着ると肌襦袢などを着なくてもよい
浴衣を着て
 足を肩幅に広げ
 体の中心に浴衣のつなぎ目が来るように合わせ
 右側を左側に回しこみ、浴衣の裾はくるぶしの上くらいで床と平行
 右手をそのままで左側の右に回し込みそっと抜く、抜いた後は左手で押さえておく
 後ろのつなぎ目が体の中心にする
 
1本目の腰ひも
 骨盤の上あたりできつく縛る 余った部分は巻いた紐に巻き付ける
 
お腹の横から手を入れて、襟を整えてお腹のあたりのしわを取る
 体の前も後ろも同じように整える
 抜き襟 こぶし1個分

2本目の腰ひも
 胸の下あたりで後ろで交差
 前で結び巻いた紐に巻き付ける
 

 後ろから通して、自分の左側が長く右側は短い(肩に乗るくらい)
 右側を折り目を下にして二つ折りにし左肩に置く
 左側を体に巻き付け
 体の前で左側と右側の帯を結ぶ
 その際に右側の二つ折りにした部分はしわにならないようにする
 結び目は縦方向に引っ張って絞る
 右側をまた左肩に待機させる
 左側をお腹の前で蛇腹に折る 最後に端の部分は蛇腹の内側に織り込む
 蛇腹に織り込んだ部分の中央を上と下から絞りリボンのようにする、正面から見て上から[帯の端]-[折り谷]-[折り山]-[折り谷]-[帯の端]のようにする
 帯の結び目をまた縦方向に引っ張って絞る
 肩で待機させていた帯でリボンを被せるように2回ほど巻き付ける
 余った部分は隠すように折り込む
 リボンの形を整える
 出来上がったリボンは、腰ひもは持たず帯だけの前と後ろを持って帯全体をまわして後ろに配置する。その際、襟は体の左側が上になっているので、帯は左から右に回す、逆に回すと襟がはだける
仕上げ
 帯の重なりを整える
 おはしょり

スポンサー

 

浴衣の着方で簡単な兵児帯の作り方

兵児帯は好みが分かれますが、簡単・かわいい結び方を紹介しています。

手先とたれ先が同じ長さになるように結ぶ
超蝶結びにする
先の3分の1を結び目の下に通す
輪になっている部分は広げる
形を整えたら完成

さいごに

浴衣は、人によってはダラッと着て色気を出す着方もあるかもしれませんが、当たり外れなく好感を持たれるのは、ビシッとした着方だと思います。

今年の夏は、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーs

 

-浴衣


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。