ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

一人旅

ひとり旅で海外へ、初めての台湾でご飯のおいしさに感動

投稿日:2018-05-22 更新日:

正真正銘の海外旅行なのに、それとは思えないほど手軽に行けるのが台湾。

親日国でもありますので、初めての海外ひとり旅の日本人にも好意的なお国柄です。日本語以外は義務教育での英語だけという方でも問題ありません。

それと台湾のご飯は日本人の味覚に合うので、何を食べてもおいしい

今回は、20代前半の女性の経験談も併せてご覧ください。

スポンサー

 

ひとり旅で海外へ、初めての台湾・台北

初めて海外にひとり旅に出るというとき、まともの人ならまず不安があるのが普通。でも、そんなてんこ盛りの不安を持って入国しても、出国するときには満足感でいっぱいになる人が多い国です。

そうはいっても台湾の公用語は中国語ですので、戸惑うことも少なくありません。

ひとり旅は日本からの飛行機はもちろん、台湾の空港からホテルまでも自分で段取りしなければなりません。

例えば、空港からの交通手段はリムジンバスの利用が多いですが、チケット販売所で乗車券を買うのも一苦労。

中国語の発音はわからないので、芸人・出川哲郎ばりのカタカナイングリッシュで「タイペイステーション、プリーズ」とかしなくちゃいけないです。
 
それと持っていると便利なので何とか手にしたい悠遊卡(ヨウヨウカー)、日本では「悠遊カード」と言われています。地下鉄や公共バスで利用できる非接触型のICカード乗車券、プリカですね。
 
これもですねぇ~、日本人の海外ひとり旅系ブログで「イージーカー」と紹介されている記事が多いのですが、現地のどこでも通じるわけではありません。実際、プリカに「EASYCARD」って記載されているにもかかわらずです。
ですので、それで通じなかった場合は、(文字にすると難しいですが、)「ユーユーカー」とか「ヨーヨーカー」とか言ってみてください。
 
発音の話の他には、銀行ATMは日本のようにキビキビ動かない機種があるようです。現地通貨を手に入れるためにクレカを入れた後、待つには長すぎる時間、カードが戻ってこないことがあります。いざとなったら電話で状況を説明しなくちゃいけませんが、トラブルの説明ってちょっとドキドキしますよね。
 
そんなこんなで本格的に観光モードに入りますが、見どころはたくさんあって説明しきれません。代表的なのは「九份(きゅうふん、ジォウフェン)」でしょうか。
 
日本人観光客に超人気です。
 
ただ、立地(海沿いの山間部)の関係で少々天気が変わりやすいです。雨具はあった方が何かと安心ですが、まあとにかく人が多いので、動きがとりやすいようにカッパの方がいいかもしれません。
 
他には、せっかく非日常を楽しむ海外ひとり旅ですので、非日常を体感するため変身写真館はどうでしょう。日本語が通じるお店もあって、ヘアメイクや撮影はプロがきっちり仕事してくれますので、気軽に別人になりきれますよ。(笑)
 
次からは、実際に初めての海外旅行で台湾に行かれた方の口コミです。
 

台湾の地元ご飯はおいしい

 
22歳で初めての海外旅行がドバイだったBさんは、『アクティブに動き回った旅』と感じたそうです。
 
Bさんの口コミをご覧ください。
 

一回目の台北一人旅で台北の魅力にハマり、二度目の台北一人旅でした。
 
前回よりも少しいいホテルに泊まり、前回よりも予定を詰め込みました。
 
ローカル線の旅で、猫のたくさんいる駅で降りて猫と遊んだり、夜に夜市に行くだけで物足りなかったので、急遽、劇を見に行ったり、夕飯を食べに適当に入ったローカルなお店で、店員さんがけんかしていたり、といろいろな出来事がありました。
 
朝ごはんは地元の人が多くいるお店に入れば確実だろうと、豆乳スープのおかゆのようなものを食べたり、お寺巡りをしたり、自転車をレンタルして海沿いをサイクリングしたり、電車に乗って温泉街へ行き温泉に入ったり、と本当に充実した旅になりました。

スポンサー

 

台湾ひとり旅の反省と初心者へのアドバイス

大満足のBさんでしたが、反省点もあるようです。

楽しみすぎて、帰りの飛行機に乗り遅れてしまって、余分なチケット代がかかってしまった。

 

それとこれから台湾に行かれる女性に一言アドバイス。

一人旅を海外へと友達や家族に言ったときは驚かれ反対されましたが、確実に世界が広がります。今は結婚して子供もいて一人で海外に行きたくてもいけないので、若いうちに行けるときに行っておいたほうがいいです。

さいごに

美味しい食事とゆったりとした時間に癒されてきてください。

スポンサーs

 

-一人旅


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

初めてのひとり旅を楽しみたい!女性ひとり旅の場所選びのコツ

初めて女性ひとり旅をしようと決めたあなたは、もちろん楽しみたいですよね? 別記事「一人旅しようかと悩む女子、できない人でも楽しみ方を知れば簡単でご紹介したように自由にご自身のペースで旅することができま …

一人旅しようかと悩む女子、できない人でも楽しみ方を知れば簡単

「おひとりさま」が流行って、ひとり○○という新しいスタイルが当たり前になりましたよね? ただ、「女性のひとり旅」だけは以前からあったものの暗い印象が強いとか、一人で大丈夫かなとか不安があって、ひとり旅 …

ひとり旅で海外へ、初めてのオーストラリアはパースに行って強くなりました

オーストラリアは過ごしやすい気候で、新日家が多く治安も悪くないため、一般的には観光や留学、移住でも適していると言われています。 一般的には・・・。 ただ、パースはどうでしょうか?西側で最大の都市ですが …

ひとり旅で海外へ、初めてのサンフランシスコでダウンタウンに感動!

「サンフランシスコ」という言葉は、魅惑の響きがありますね。(笑) アメリカ西海岸の代表的な観光地です。もちろんなパ・バレーやヨセミテ国立公園などもありますが、サンフランシスコ国際空港が海外ひとり旅の出 …

カナダへの一人旅、女子が向かったバンクーバーの五つ星ホテル

カナダのバンクーバーも女性のひとり旅に人気の都市です。 日本とはスケールの違う自然や60万人規模の都会で、白人、中国系、アジア系、黒人など多様な民族と言語で成り立っています。市民の半分以上がカナダ公用 …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。