ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

健康促進・病気予防

血液サラサラは食べ物でできる。そして○○をスムーズにすることが大切

投稿日:2018-05-14 更新日:

血液サラサラと血液ドロドロのどちらがいいですか?

と聞かれれば、何となく血液サラサラの方が良さそうです。

ではどうすればそうなるか?

といえば、やっぱり血液サラサラにすると言われている食べ物をきちんと食することですね。

でも「血液サラサラにする食べ物」って聞いたことあるようなないような・・・。

わかりやすく整理しましたので、ご覧ください。

血液サラサラと血液ドロドロ

血液サラサラに対して、血液ドロドロという言い方もありますね。

この血液ドロドロには、肉類に代表される動物性の脂肪をたくさん摂取すること、血液の中の血小板が固まりやすくなっていること、同じく白血球がベタベタしていることによってなります。

ですから血液サラサラのためには、これらと逆のことを意識しなくてはいけないわけです。

もっとも、血液サラサラが「正」で血液ドロドロが「悪」というイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。

大切なことは、「血液の流れをふさがないこと」です。血液の流れをスムーズに保つことが大切です。

血液の流れが良くないと、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こしてしまうからです。

で、血液の流れをふさぐことは、サラサラかドロドロかではなく、血管の中に血栓という血の固まりを作るか作らないかです。

血管の中にこの固まりがなければ、多少、血液ドロドロでも心配には及びません。

もちろん血液サラサラに越したことはないので、そのための食べ物とレシピをご紹介しますね。

血液サラサラにする食べ物の種類

血液をサラサラにする食べ物は、たくさんあります。納豆や梅干し、イワシやサバなどの青魚、昆布やわかめ、そして緑茶や赤ワインなど様々な種類があります。
それでは、種類別に見ていきましょう。

ナットウキナーゼ

名前の通り、納豆のネバネバの成分になります。

ナットウキナーゼは、血栓そのものを溶かす効果があります。

ただし、ワーファリンという薬を摂取している方は、薬の効果を弱めてしまうので注意しましょう。

クエン酸

お酢類や梅干しなどに含まれています。

疲労回復はもちろん、血小板が集まりすぎるのを防ぐ役割を果たしてうくれます。

梅干しはご飯と一緒に摂ったり、お酢に関しては飲みやすいもろみ酢などがおすすめです。

DHAとEPA、ポリフェノール類

魚の中でも特に青魚、サバやイワシなどは、DHAとEPAが多く含まれているのでそれを摂取しましょう。

血管の弾力性を高めたり、血栓を作りにくくして、血流を良くしてくれる効果があります。

青魚などの食物性脂肪には不飽和脂肪酸が多く含まれており、血中の中性脂肪やコレステロールを下げて、調整してくれる働きがあります。

特に枯れ節は発酵食品で栄養素が豊富な食品です。

血液に良い必須アミノ酸が多く含まれており、タンパク質も豊富です。

また、赤ワインやブドウなどに含まれているポリフェノールは、コレステロールの参加を防ぐ効果があります。

カロチノイドは強力な抗酸化作用がありますので、動脈硬化の予防にも役立ちます。

ですが、赤ワインはお酒です。多量摂取はやめましょう。1日グラス2杯くらいが適量です。

スポンサー

 

アルギン酸とビタミン

ほかにも、アルギン酸やビタミンC、Eが含まれるものも効果的な食べ物です。

昆布やワカメなどのヌメリ成分のアルギン酸は食物繊維で、コレステロールの吸収を妨げ、体の外へ出す働きがあります。

また、ビタミンC、Eは、抗酸化作用が強く動脈硬化予防に必要な成分です。

ビタミンCとEは一緒に摂るとなお効果が出ます。

イノシン酸、必須アミノ酸の一種ヒスチジン、トリプトファンなどを含むお肉、牛乳、バナナなどの食品を摂取する事で、健康的な体を手にいれることができ、また血液にもサラサラになります。

血液サラサラのレシピ

血液がサラサラになる食べ物は、たくさんの種類があります。

納豆やわかめ、豆腐などは毎日の食事に簡単に取り入れることができると思います。

また、お手頃の価格なので毎日続けられると思います。

青魚(サバ、イワシなど)も栄養が豊富なので摂り入れていただきたいです。

お酢も効果がありますので、青魚と一緒に煮付けにしたりするとさっぱりして、とても美味しくなお良いでしょう。

なんといっても玉ねぎは、血液をサラサラにしてくれる代表的な食材です。

使い勝手の良い食材なので、どんな料理にも合います。

おススメの食べ方は、玉ねぎを薄切りにしてお水とコンソメのもの、塩コショウ少々と一緒に炊飯器に入れ、スイッチを押すだけで、美味しいコンソメスープができます。

味付けは、自分の好みで大丈夫です。

薄味が好きな方はコンソメを少なくし、濃い味が好きな方は調味料の量を増やすなどして、工夫してください。

一度に大量に作って一食ずつ小分けにし冷凍保存しておけば、忙しい朝でもレンジでチンするだけで簡単にできます。

料理が面倒な方、苦手な方はぜひ、試してみてください。

さいごに

大切なのは、血液をサラサラにする食品も血液サラサラにしないけどたんぱく源として重要な肉類なども毎日バランスよく食することです。

飲み物で血液サラサラにしたい方は、血液サラサラを飲み物で実現、手軽に毎日続けられるコツとは?も併せてご覧ください。

毎日食べるけどたくさんは食べられないという場合は、揚げ物などを控える、お酒を控える、たばこは吸わないなど、血液ドロドロにする原因を減らさないとダメですね。

スポンサーs

 

-健康促進・病気予防


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

40代の物忘れを早期治療して認知症を防ぐためにすべきこと

40代になって物忘れが多くなると、不安を感じるかと思います。 40代で物忘れに悩む人に見て欲しい、対策法や症状、受診方法などをご紹介します。 こちらをお読みになって、物忘れは記憶障害が原因かそれとも何 …

重曹うがい水の作り方、危険はない?作り置きはOK?

重曹でうがいをするとイイらしいですが、何がどう良いのでしょうね? なんとなく重曹うがいってよいラアしいよというのはわかるのですが、この際だからメリットやデメリット、子供でも使っていいのかなどの情報をシ …

夏風邪の症状が大人に出ると治りにくいので回復レシピは必要です

大人の夏風邪はかなり治りにくいで、食欲がなくても食べやすい体調回復のためのレシピは知っておいた方がいいですね。 今年の夏は、夏風邪をひいて残念な思いをしなくてもいいように夏風邪の特徴を正しく理解して予 …

重曹歯磨きの作り方とやり方、危険はない?市販品との違いは?

重曹歯磨きはイイ!と聞きますが、何がどうイイのかご存知ですか? よくわからないまま子供に重曹歯磨き粉を使うことは、安全性も気になりますし、メリットやデメリットも知っておいた方がいいでしょう。難しい内容 …

老人を熱中症から守るために飲み物と梅干を有効利用する方法

田舎の母ちゃんに、正しい熱中症対策の方法を伝えたいですね。

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。