ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

節約

夜行バス初めての人は持ち物と必需品を知っておきましょう

投稿日:2018-01-12 更新日:

夜行バスで目的地までの快適な過ごし方をご存知ですか?そのポイントは、大きく分けて7つです。

経験者の実体験をもとにしたアドバイスをご紹介します。

スポンサー

 

夜行バスは乗車してしまえば、窮屈な中、目的地到着まで座っていなければなりません。ここで紹介するアドバイスを実践して、快適な夜行バスをお楽しみください。

夜行バスはチケットがなければ乗れません

夜行バスに初めて乗る人は、分からないことだらけで緊張してしまいます。

事前にどんなものが必要か知っていれば、余裕をもって乗ることが出来ます。

夜行バスに乗る時、必ず必要なものは乗車時に必要なチケットです。

チケット意外で用意した方がいいものはマスクです。バスの中は乾燥しているので喉を守るのに良いですし、寝ているときに顔を隠せるので便利です。

他にも耳栓は周りの雑音を遮断するのに役立ちます。バスの中には沢山の人がいるので寝息や動く音がよく聞こえます。SAアナウンスの声も聞こえない場合もあるので、気をつけて使います。

また一晩長い夜を過ごすので、飲み物は必需品です。お茶やミネラルウォーターなどを準備しておく必要があります。

夜行バスへの持ち物 乾燥対策

夜行バスの化粧なしを隠すマスクを併用です

夜行バスに乗るとき、必ず先にメイクを落とし、すっぴんで乗車します。

すっぴんでもマスクをするとすっぴん隠しになるうえ、意外と夜行バス内は乾燥しています。そのためマスクは必需品です。

夜行バスのランクや座席の位置によっては、十分にリクライニングができない場合もあります。

ずっと座っていてもしんどくないよう、締め付けの強いスキニーパンツはNG。できるだけゆったりしたボトムスを選びます。

できれば、ウエストもゴムのボトムスだとより楽に過ごすことができます。

コンタクトを使用している場合、コンタクトを外し、メガネを準備しましょう。

夜行バスの中は濡れマスクが必需品です

夜行バスに乗る時に気をつけているのは、乗る前に必ずトイレに行く事!!

当たり前じゃん!と思うかもしれないけど、実際乗っている時にトイレに行きたくなったら焦ります。

そして夜行バスの中での必需品は、濡れマスクです!バスの中ってとても乾燥します!そして、人が集まっているので風邪防止になりますよね。それだけで無くやはり人の目は気になるので濡れマスクは1番の必需品です!!

他にはフリスクなど、簡単に口の中に入れられる物もあると助かります。匂いや音の出るものは口にできませんからね。

それとあって便利だったものは、足裏に貼るシートです!!旅先から帰る時の夜行バス!

旅先では歩く事が多くて疲れますよね。ただでさえ疲れているのにバスの中でずっと同じ体制をしていると疲れてしまいます。

そんな時に足裏シートがあると本当に気持ちいいですよ!!騙されたと思って持って行ってください!

最後に、服装は出来るだけリラックスできる服装で。車内で動きづらい服装だとそれだけで疲れてしまいます。車内は暗いので多少ラフな格好でも全く問題ありません!!

夜行バスの必需品 盗難・盗撮・痴漢対策

夜行バスの車内持込みにはパスポートケースが便利です

心配性な方は貴重品をトイレに行く際も肌身離さず持ち歩けるよう、なおかつ狭いバス内でも邪魔にならない『ポシェット』や『スリムなショルダーバッグ』の準備をお勧めします。

海外旅行に行く際に首から下げる『パスポートケース』がありますが、私は国内旅行でも活用しています。

紙幣やクレジットカード、身分証明書など、かさばらないもので失くすと非常に困るものは首から下げてしまっておくのが一番安全だと思います。

食事は軽めなものが無難でしょう。脂っこいものは控えて酔い止めを服用するのもいいです。

バス内は乾燥する場合もありますので飲み物は必須ですが、のどを潤すために飴もあればいいでしょう。

女性は痴漢防止に防犯ブザーを持ちます

夜行バスを利用する際、ブランケットや膝掛けがあると良いと思います。

車中とはいえ、窓側は外気に近いため時間がたつと足元が冷えてきて寒くなることがあります。

以前利用したときに膝掛けを用意していなくて、足元が寒くてトイレが近くなって大変な思いをした経験があります。

あと、女性が一人で利用する場合であれば痴漢に会う可能性もありますので、防犯ブザーの類を所持しておくといいと思います。

夜行バスなので、移動は深夜のため眠ることがほとんどだと思われますので、アイマスクやエアーマクラ、騒音防止のウォークマンなどがあれば良いと思います

夜行バスで防寒する持ち物

カイロやひざ掛けで寒さを防ぎます

夜行バスは最寄駅に到着することが多いのですが、大きな駅だとどこへ停車するのか分からなく本当に来るのかな~と心配になってしまいます。

初めての場所では、駅のどのあたりに停車するかをしっかりと調べておく方が良いかもしれません。

また、冬場はバスの中はとても寒く、特に夜は窓からの隙間風で眠れないなんて事もあります。

暖かすぎるくらいの格好の方が良いかもしれません。またカイロやひざ掛けなんかも用意しておくといいかもしれません。

夜行バスに乗る前に食事は済ませてお風呂にも入って歯磨きもして、後はバスの中で眠るだけにしておいた方がいいかもしれません。

夏でも冬でも女性の服装は長袖長ズボンが安心です

服装は長袖長ズボンが良いです。

夏場はクーラーの効き過ぎを想定して、上着を持ち込むことが大切です。逆に冬場は暖房の効き過ぎを想定して、着脱可能な格好が好ましいです。

女性の方のスカート、ショートパンツ等は夜行バスでは不適切かなと思います。

夜行バス内は消灯されています。痴漢や盗撮など嫌な思いをしたくないので、長ズボンがいいです。女性1人で利用される方は特に気を付けてください。

次に乗車前の食事についてです。

よく、夜行バス内では眠りたいからと言ってお酒を飲んで乗車したり、バス内にお酒を持ち込んだりする方がいます。私はあまりお勧めしません。

なぜなら、トイレ休憩が少ないからです。また、トイレ休憩の際にも深夜のサービスエリアには降りない方は多いです。

アルコールを飲むとトイレが近くなりやすいので、ここは注意が必要です。

車内に持ち込むものは、アルコールよりも温かくなるアイマスクなどのリラックスグッズがいいです。色々と工夫して快適とは言いにくい夜行バスを自らを騙し騙し楽しむことが大切です。

スポンサー

 

夜行バスでバス酔い対策

軽めの食事と早めの酔い止め薬の服用です

まず、水分は必須です。

酔い止め薬は、乗車する前に服用してください。気持ち悪くなってから慌てて飲んでも効果はありません。

万が一、吐いてしまった場合のエチケット袋もあれば安心です。

常備薬がある人はコレも忘れずに。

不慮のケガをした時のために、バンソウコウもあれば良いですね。

服装は簡単に脱ぎ着ができるもの。座りながら着替えられる服が理想です。あまり体を締めつける服装はオススメできません。

食事は少なめに。とくに酔いやすい人は控えめにしてください。気持ち悪くなってしまいますからね。

集合時間の10分前には到着できるようにすると、心の準備ができますよ。

夜行バスでの快適便利グッズ

夜行バス内はスリッパでリラックスです

少しでも快適に過ごす為にあると便利なのが、スリッパです。

履いてきた靴のまま夜通し過ごすのは、とても窮屈です。でもスリッパも面倒だと思えば、いっそのこと足元にスーパーのビニールでも敷いて、靴下だけで過ごすのもお勧めです。

首回りにはエア枕を用意すれば、上下ともリラックスして過ごすことができます。

周りの音が気になる人には、耳栓もあるといいかもしれません。意外と物音やいびきなどで寝れない場合もあります。

また、バスの中はとても乾燥するのでマスクはもちろん飲み物や飴などを用意しておくのもお勧めです。

甘いジュースでも良いですが、できればサッパリする水やお茶の方が、寝ている最中に虫歯を気にする必要もないので安心です。

夜行バスは枕持参で熟睡です

夜行バスで絶対に持っていきたいものは、首に巻くタイプの枕です。

座って眠らないといけないので、これは絶対に必要だと思います。

耳栓やアイマスクも持って行った方がいいでしょう、まあ眠る時に周りの音や光が気にならないという人は必要はありませんが持って行って損はないです。

車内でも飲食はできますが、基本的に夜行バス揺れることもあるので、こぼれにくい食べ物がベストでしょう。サンドイッチやおにぎりがいいと思います。

他にもマナーとして、臭いのきついものはやめた方がいいでしょう。また、消灯後は携帯をマナーモードにして使わない方がいいでしょう。

夜行バスのリクライニングでも快眠できます

夜行バスは夜間に走行するため、バスの中で寝ることは想定されているはずです。

寝るといってもバスですから自身の後ろの座席の方もいるわけで、リクライニングには限度があります。必然、家のベッドで眠るのとは訳が違います。

車中でも寝付ける方なら問題はないかもしれませんが、人によっては座ったままでは眠れないと言う人もいるできょう。

そのため、首枕や膝掛け、快眠用の音楽を用意するなど、車中で寝るための用意をすることも考えておいた方が良いでしょう。

あるいは、車中での就寝を諦めて夜間の暇つぶしになるものを準備するというのも一つの方法かもしれません。

事前にぐっすりと睡眠をとっておいて車中では起きているのもよし。疲れた状態で夜行バスに乗ってそこで寝るのもよし。

しかし、眠るつもりで寝付けないというが一番辛いですよね。ですから、ご自身の体質と相談して、車中でどう過ごすのか、またその過ごし方に必要な物を準備しておくことも大事な旅の準備です。

夜行バスの乗り遅れ対策

出発時間の30分前は到着するようにします

夜行バスの停留所には、余裕をもって30分ほど前には到着しておいた方が良いです。

同じような時間帯に出発する便がいくつもあるので、慣れない場所で荷物を引きずりながら時間を気にしながらというのも落ち着きません。

特にこだわり食べ物や飲み物がないのであれば、たいていの停留所やバスターミナルには自動販売機がありますし、近くにコンビニも多いので、重い荷物は最後の最後に購入した方が良いです。

スーツケースの場合はバスの下部にある収納部分に預けることになるので、貴重品やその他身の回りのものが入るバッグも必要です。

冬の時期で上着を持っていても、何か膝からかける物があると便利です。車内が涼しい可能性の方が高いので、足元から冷えてくることが多いです。

出発してすぐに電気が消されるので、食事・トイレ・ハミガキなどは済ませておき、酔い止めの薬が必要な人も乗り込む前に終わらせると良いです。

夜行バスの乗車前に飲食は早めに済ませます

夜行バスに乗る前には必ず、乗っている時間を考えて、軽い食事を乗る時間30分前には済ませておく事、後はトイレも済ませておく方が良いです。

乗車時間を考えて、手軽に食べれるおにぎりや飲み物も準備して、あとは周りに迷惑にならない様に時間を潰せる物を考えて持って乗ると良いです。

それと行く場所や目的によって必要な物のチェックもしておけば、困らなくて良いですよ。

たとえば、行く場所に知り合いなどを訪ねるのであれば、ちょっとした手土産も喜んで貰えます。

バスに乗る前には、鞄は二つでバスに乗ってから必要なものと着いたら要るもの使うものです。分けておくと、バスに乗ってからがさがさと、鞄の中を探さなくて済みます。

集合場所の似たような名称に注意します

夜行バスを利用する際は、必ず集合時間と場所をチェックして、似たような場所に間違って集合しないように気をつけてください。

特に都心部では、似たような名前のバス停やモータープールが多いです。初めての場所に集合する場合は注意してください。

ギリギリに間に合えばいいやという気持ちで行ったら、バスの集合場所を間違えてしまって慌てて連絡する人が居たりして、他の人の迷惑になる事があります。

必ず集合時間より少し早めかつ、予めグーグルマップなどで場所のチェックなどをしておきましょう。

また、夜行バスなので基本は寝ながら移動になりますが、体調や環境によってはかなり酔ってしまう事もあるので、酔い止めを飲みつつ比較的眠りにつきやすい状態にコンディションを整えておきましょう。(例えば、その日はいつもより早めに起きてバスに乗ってすぐに眠りにつくことが出来るようにしておく、など)

乗るバスを間違えないように

夜行バスというのは大きさは似ていて、しかも色もいろいろあるとはいえ似ているものが多くあります。

そして乗車も夕方から夜になることが多いので、バスに書いてある字も読みにくくなります。

乗車時にはバスの前に旅行会社のスタッフなどがいますが、「一回乗ったあとトイレに行くなどして帰ってきてから、堂々と乗るバスを間違える」なんてことはよくあります。

意外と堂々と乗っていくとスタッフも気づかないなんてことがあります。

これはSA休憩の時にも言えることです。しかもSA休憩の前にうとうとしていたりしたら休憩から帰ってきたときに頭がぼうっとしてバスを間違えるかもしれません。

SA休憩の時はスタッフさんもいなく運転手だけなのでなおさらです。

夜行バスに乗るときは乗車に特に注意が必要です。

夜行バスではスマホが使えるように!

夜行バスで携帯充電お忘れなく

夜行バスを使用するのに準備しておいたほうがいいなと一番感じることは、周りの了承を得ることです。

特に若い女性は、自分の思っている以上にご両親やお付き合いされている方が心配しています。

「夜行バスを利用しようと思っているんだ」と一言言っておくことをおすすめ致します。

その上で、持ち込んでおいたほうがいいと思うものは携帯の充電器です。コンセントプラグがあるかどうかも確認しておいたほうがいいと思います。

もしなければ、携帯用充電器は必要だと思います。連絡が取れなくなるとかなり心配されます。必ず、連絡を取れる状態にしておく方がいいです。

まとめ

レジ袋(ポリプロピレン製など)は何かと便利ですが、静かな場所で使うのは迷惑になりがちです。あのクシュクシュ、カシャカシャという音です。

使ってる本人は、袋の中身の出したり入れたり必要なことをしているので気にならないですが、他人には全く関係ないのでイライラの素です。

ですので、せっかくの機会ですから布製のオシャレなエコバッグ準備しませんか?

スポンサーs

 

-節約


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ETCマイレージサービスに登録してレンタカーでも使えるよね?

(この記事は30年3月29日に修正しました) たまには高級ワンボックスのレンタカーでも借りて遠出したいなぁと思ったとき、せめて高速代くらいは節約しようとETCを使いますね? さらにポイントも付けばお得 …

動画/エアコン掃除のやり方、業者に頼む前に自分でできること

本来、エアコンは定期的に掃除することが理想です。ただ、毎回業者に依頼する必要はありません。自分でできることがあります。 とは言え、ついつい億劫になってサボってしまいがちで、気が付いたときにはエアコン内 …

夜行バスで東京大阪間を予約するとき16の注意点

夜行バスで東京と大阪間の利用者はとても多いです。そのため車中は混雑することが多く、希望する便を確実に快適に乗るために予約の仕方を工夫することが大切です。 夜行バス経験者のアドバイスをまとめましたので、 …

夜行バスで疲れる、寝れない、乗り遅れを防ぐ26の心がけ

夜行バスに初めて乗る方が、車中でやりがちな間違いを実体験をもとにご紹介します。 間違いを知れば、間違いをしなくて済みます。

etcを初めて利用する人にお得なカードの作り方と車載器の選び方のコツ

プレミアムフライデーや週休三日など、会社員の働き方を変える要素が増えつつあります。 プライベートの時間が増えると嬉しい半面、働く時間が減って収入が減ってしまうのではと不安な気持ちもあります。 その自衛 …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。