ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

バレンタイン

バレンタインにあげない義理チョコしない女子の本音14選

投稿日:

バレンタインデーのチョコ、あげていますか?貰っていますか?

女子力全開で義理チョコを配りまくっている女子もいれば、義理チョコをあげない女子もいます。

義理チョコをあげない女子は、女子力が低いわけではありませんよ。むしろ高いかもしれません。

スポンサー

 

バレンタインデーに義理チョコをあげない理由を知れば、彼女たちの深い愛を知ることができます。(例外あり) ぜひご覧ください。

義理チョコは迷惑では?

  1. 習い事をしています。そのサークルには自分を合わせて14人の仲間がいるのですが、そのうち女性は私を含めると総勢11人と女性のほうが多いのが特徴のサークルです。

    自然と女性主体の空気が流れますが、飲み会では全員割り勘にするなど、平等に分割しています。

    バレンタインデーでは、女性の方が多いということで、最初はみんなで連盟で渡そうか、という案もあったのですが、平等という観点から考えるとこちらは11人という大勢で3人ぶんを買うのに対して、男性側は3人だけで11人ぶんのお返しをしなければならないことになり、全くの不公平になってしまうとのことから、あげないという結果に至りました。

  2. 私の職場にはお世話になっている男性職員の方もたくさんいらっしゃいます。しかし、バレンタインにはチョコをあげる風習はありません。

    今はプレゼント用に買うチョコレートはとても値段が高く、男性全員に買おうと思うとすごくお金がかかってしまいます。

    自分の判断でチョコを配ってしまうとお相手にもホワイトデーでお金を使わせてしまうことにもなります。

    また、他の女性従業員も義理チョコを買わないといけない状況になってしまうかもしれません。

    そう考えると誰かにやろうと言われない限り、自分の判断で義理チョコを配ることはしないのが無難だと思っています。

    みんなでお金を出し合ってという方法もありますが、それはそれで本当はやりたくない人まで巻き込んでしまうことになります。そんな理由で私は義理チョコをあげないことにしています。

  3. 以前は、職場の女性職員がお金を出し合って、男性の職員全員へ個別のチョコレートをあげるという風習がありました。

    しかし、義理チョコと義理お返しをあげ合うのは不毛という意見が出て、管理職会議で話し合った結果、個別に義理で渡し合うのはやめるということになりました。

    あげること自体が禁止になったわけではないので、個人的にお世話になっている人や仲の良い人にあげたければあげるという習慣となり、今もバレンタインになるとあげている職員はいます。

    個人的には、義理チョコをあげる側はあげるかあげないかの選択肢があるのでまだ良いと思うんですが、もらった側に義理なのに手間とお金と神経を使わせてしまうので、あげないことにしています。

義理チョコは面倒

  1. バレンタインデーに義理チョコをあげない理由ですが、私の場合、本命に力を注ぎすぎているからであります。
    というのも毎年のバレンタインデーには、毎回好きな人のために贈りたいという気持ちで手作り(チョコではなくクッキー)のものを贈っていました。

    しかし、義理はどこまで渡せばいいのか判断に迷います。本命がいなくなると急にモチベーションが下がってしまい、義理だけのために作るのも煩わしいのです。

    いわゆるめんどくさい人間なんです。それゆえ本命にあげる機会がなければ、わざわざ材料を買う手間も嫌だし、とにかくモチベーションの問題であげなかったりします。

  2. 趣味のサークルで仲良くしている男性が2名いらっしゃるのですが、周りは関係なく私は義理チョコはあげないつもりです。

    というのは、彼らの彼女さんともそれぞれ知り合いなのですが、彼女たちはかなり嫉妬深い性格なんです。

    寄るな!触るな!といつも言っていますので、良く思わないことは目に見えています。

    それに彼女たち自身がどちらもとても女の子らしい方たちですので、バレンタインはきっと張り切って用意されるんだろうなとも想像されます。

    恋人たちの為のイベントですので、わざわざ外野から水を差すような野暮なことは致しません。“女子力アピール”とか“愛想がいい女の子”とか演出する必要もありませんしね。

  3. 一度、義理チョコをあげてしまうと毎年あげないといけない雰囲気、去年はもらったのに今年はないの?みたいになってしまうかと思うからです。

    また、あげたらあげたで相手もお返しを考えないといけなくなるし、一部のお返し目当てで義理チョコをあげてる人と同じに思われるのは少し不快だからです。

    その他にも義理チョコとなると本当に分け隔てなくあげなくてはならず、結構な量も必要となります。

    自分以外にも義理チョコをあげる人はいるので、あげた物の質を比べられることも嫌です。

    高すぎず安すぎずの品を選ぶとなると時間も労力もかかるので、それならいっそあげないほうがいいという結論になります。

  4. 職場の人は話はするけれど、そこまで仲良くないのであげるって気にはならないです。

    本当は渡した方がいいのかな?なんて思いますけど、面倒なので結局誰にもあげません。親友は毎年職場の人に配って貰ったみんなは嬉しそうなので、親友があげたのならあげなくていいかなって思っています。

    それに一度あげたら毎年あげなくちゃならないような雰囲気になってようですし、あげている人をみると大変そうなので私は絶対あげないです。

    お返しもあまり期待できるような内容でもないようですし、中には忘れてる人もいるし・・・。だったら自分のために何か買ったほうがいいのにと思ってしまいます。

スポンサー

 

義理チョコのお返しが負担になる

  1. 現在は専業主婦ですが、以前勤めていた職場で義理チョコはあげないと決めてました。

    職場でいつも部下のことを気にかけてお世話になっている上司もいましたが、中には相性の悪い上司もいました。

    お世話になっている上司だけに義理チョコをあげてもよかったのですが、周りの目はたくさんあり、お局様はすぐに大きな声だして話をするのをわかっていたので、義理チョコは渡さないと決めました。

    それに専業主婦主婦になった現在、主人がたくさん義理チョコを貰って、貰った以上にお返しを買うお金がかかることがわかりました。

    これは結婚したからこそわかったことなので、当時の自分ではそのような事はわからなかったのが事実です。

    なので、義理チョコはあげない方がいいなぁとつくづく感じました。

  2. 以前の上司は潔癖症でした。手作りはもちろんのこと、既製品も嫌なのではと思い、一切しませんでした。

    そもそも、その方が貰っても人にあげちゃうと言ってたので、意味がないのでやめました。

    義理チョコ文化についても私はただ義務で配るのは貰った側にしても迷惑かと考えています。ものすごくお世話になっている方ならあげたいですが。

    反対に友人とのチョコの交換はします。値段も高くないものを。プライベートでそういったイベントごとをするのはいいですが、会社までそのような面倒臭い文化を浸透させ続けるのは本当にやめたいと思います。バレンタインはもともとそんな文化ではないので。

  3. 職場の人には義理チョコでもあげてしまうと、なんとなく返さなければならない空気になってしまうのが、気を使わせてしまっているのかなと思うからです。

    周りがそうだからとか、季節的なイベントの空気感だからとか、そういうことなしにプレゼントできれば良いのではないかなと思います。

    普段からどこか旅行に行った時にお土産を買ってきて渡していたり、ちょっとした感謝のしるしで、お菓子を買ってきたりしているので、特にバレンタインデーとしては意識していないです。

    逆に普段から感謝の気持ちをなかなか伝えられていないと感じているのであれば、バレンタインデーを活用してあげてみるのも良いのかもしれません。

義理チョコで勘違いされては困る

単なるお礼 高額お返しが申し訳ない 面倒を避ける

以前仲のいい友人な男性にはっきり義理チョコだと分かる義理チョコをあげて、ホワイトデーのお返しに見合わない金額のプレゼントをもらい困惑したことがあります。

こちらは普段のお礼も兼ねて、イベントだからと義理チョコをあげているだけなのに、わざわざ高額なお返しを買いに行ってもらうことがとても申し訳なく感じ、次の年から義理チョコは渡さないようにしました。

チョコは?と聞かれることもありますが、お返しが面倒でしょと切り抜けています。一度義理チョコを渡してしまうと、毎年毎年の恒例行事になってしまうので、お互いの面倒を避けるためにも義理チョコは渡しません。

バレンタインは単純にあげたくない

職場の男性には義理チョコはあげないことにしています。

昔は1(私)対Nであげていましたが、会社を辞める人や入社してくる人など人が入れ替わることで、チョコを渡したい人と渡したくない人が生まれてきました。

しかし、誰に渡して誰に渡さないという訳にもいかないので、結局、一切あげないという形となりました。

所属部署の女子全員がお金を出し合って、同じ部署の男性全員に渡すということをしている部署もあります。

ですが、私の部は女性が私一人のためそういうこともできないので、結局、会社ではバレンタインデーは自分の中でないことにしました。

バレンタインは彼氏に手作りで手一杯

男性の友人には義理チョコをあげないことにしています。

それは私自身に彼氏がいるから、他の人にあげるのが失礼な気がしました。

ましてや男性はもらえたらラッキーみたいなとこがあって数さえあれば、別に私からもらわなくてもいいんです。

それなのに私が手作りやお金をかける必要、手間をかける必要があるのかなと思うくらいです。

男性もお返しをあげなければいけないのならば、もらわない方がよかったとめんどくさく思うのではないでしょうか。

バレンタインを数だけもらえて嬉しいのは学生の頃までだと思います。社会人になれば、本命以外からって別に嬉しいものではないでしょう。

義理チョコでも甘いものが苦手

職場の上司にあげません。なぜなら、まずチョコレートがあまり好きじゃないということもあります。

ならばチョコレート以外のものをあげれば…という考えもありましたが、その上司がいらない宣言をしているのを聞きました。

「お返しのホワイトデーに何をあげていいのか、かなり悩んで、毎回それがめんどくさいから義理チョコはくれなくてもいいよ。」というのです。それから職場の上司には、義理チョコはあげないようにしました。

あげなくなったからといって職場の上司との関係が何か変わったということもありませんでしたし、はっきりと言ってもらって良かったと思います。

ただ、義理チョコをとても喜ぶ人には、あげようとは思っています。

さいごに

私はチョコレートが好きなので、バレンタインに限らずチョコレートを食べられるのはうれしいです。

義理チョコとお返しとの不公平感が出てしまうこともあるとは思いますが、キットカットを貰えばじゃばら飴とかを返すとか、あげた&貰ったというイベントとして考えたとき、単純に楽しい気持ちにもあるとは思いますね。

スポンサーs

 

-バレンタイン


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

義理チョコいらないという男性に読んでほしいリアルな女心

義理チョコはいらないという男性がいます。女性はその理由を知っているでしょうか、そしてそんな男性をどう思うのでしょうか? 女性の率直な予想と感想をご紹介します。

友チョコは手作りでも買うでも義理チョコを超えています

友チョコを本命チョコに負けないレベルにした時、どうすればいいかご存知ですか? 手作りする人買う人それぞれいますが、どちらにしても工夫が必要で、そのヒントをご紹介します。

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。