ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

人付き合い

喪中の相手に年賀状を送ってしまったときの対応について

投稿日:

喪中の友人にうっかり年賀状を送ってしまった!!

喪中欠礼ハガキを頂いていたにも関わらず、年賀状をうっかり送ってしまうミス。しかし、そんなミスでも相手にお詫びの気持ちを正しく伝える方法があるのでご紹介します。

大量の年賀状を送るとなると、ついついそんなミスも起きてしまいます。そんな時の解決法がわかれば嬉しいですよね。

スポンサー

 

私の後輩もそんな失敗をしてしまった一人で、どうすればいいいのか先輩である私に相談してきました。過去に私も同じ失敗を経験した事があったので成功体験をアドバイスしたというわけです。

喪中の人に年賀状を送るのは失礼か?

そもそも、喪中である場合に年賀状を送る事が失礼にあたるのか、どうなのか…。そんな事を考えてみました。

「喪中」というものは、親族等の身内が亡くなり喪に服すという事です。そのため「喪に服すため、新年の喜びは控える」という意味を込めて年賀状を送る代わりに「新年挨拶欠礼ハガキ」というハガキを新年を迎える前に届くように送るのが一般的になっています。

しかし、喪中である人が一切年賀状を受け取ってはいけないという決まりはありません。なので、後輩のように間違って年賀状を送っても原則ルール違反にはならないのです。

ですが、実際は会社の上司であったり目上の人から欠礼ハガキを頂いていたにも関わらず、年賀状を送ってしまう事は「欠礼ハガキを送ったのに見ていないのか…」という意味に捉えられかねないので、失礼な行為と受け取られてしまうことがあります。

最近では喪中であっても普段通りに正月を迎える家庭も多いため、そんなに重大な事柄だと捉えない人も増えています。しかし、欠礼ハガキを受け取った以上は年賀状で新年の挨拶を控えると考えた方が無難でしょう。

と、こんな事を後輩に丁寧に伝えると、改めて「そうですよね…。重大なマナー違反ですよね…。」と落ち込んでいました。(笑)

喪中の人に年賀状 出してしまった場合

では、そんな「年賀状を出してしまった」後はどうすればいいのでしょうか?

喪中宅に年賀状を出してしまった場合の対処法は、お詫びの言葉を添えて「寒中見舞い」という形であらためてハガキを送りましょう。

寒中見舞いは正月が明ける(松が明ける)1月7日~立春を迎える時期までに送るものになります。新年の挨拶としては2重になってしまいますが、あらためて送ることでお詫びの気持ちも伝わるので正しいマナーとされています。

スポンサー

 

寒中見舞い お詫び 文例

次に寒中見舞いでの具体的な文例について、ご紹介します。

通常の寒中見舞いでは、最低限、新年の挨拶が遅れた事を謝る内容さえ盛り込まれていればOKとなりますが、今回は異なります。

なんといっても「お詫び」の文章を内容に含ませるので、相手に失礼のないような文章が求められます。と、こんな事を言うと堅苦しく受け取って、急に緊張していましたが…。(笑)

実際はそんなに難しい内容ではないのでご安心を。

  • <例1>
    寒中お見舞い申し上げます。
    御喪中をわきまえず年賀状を差し上げてしまい、深くお詫び申しあげます。
    遅ればせながらではありますが、[故人続柄・敬称]のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
    厳しい寒さを迎える折、お身体お大切に、元気でお過ごしください。
  • <例2>
    寒中お見舞い申し上げます。
    この度は、御喪中でありながら新年のご挨拶を申し上げ深くお詫び申し上げます。
    遅ればせながら、謹んで[故人名]様のご冥福をお祈り申し上げます。
    時節柄、寒い日が続きますが、お元気で過ごし下さい。

どちらの文章のも内容はさほど変わりませんが、<例1>は<例2>に比べて若干緩やかな表現になっています。なので、送る相手によってどちらの文章にするか選ぶのも良いでしょう。

お詫びの内容を盛り込むポイントとしては、4つあります。

  1. 初めに「寒中見舞い申し上げます」と必ず入れる
  2. 喪中でありながら年賀状を送ったことを謝罪する
  3. 亡くなった人の名前を盛り込み、「ご冥福をお祈りします」という気持ちを伝える
  4. 相手の体調を気遣う文章で終わる

この4点を押さえていれば相手方にも十分気持ちは伝わるでしょう。

後輩は送る相手が年上の方だったので、<例2>の文章を選んで、ハガキを出していました。堅苦しい文章が求められるのではないかと心配していましたが、比較的短い文章で簡潔にまとめる為、後輩も安心していました。

まとめ

喪中の人に年賀状を出してしまった事に気づいた時の「やらかしてしまった感」。(笑)

焦るけれども一度ポストに入れてしまったハガキは、よっぽどの事情がない限り戻ってきませんよね。私も過去に失敗した時に大変後悔しました。

今回、後輩が同じような失敗をしましたが、お詫びの気持ちを込めた寒中見舞いを出したことで無事に解決できて私もホッと安心しました。

ぜひ、皆さんも参考にして下さい。

スポンサーs

 

-人付き合い


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コミュ障大学生がバイト申込電話から面接採用、克服のコツ

「コミュ障だからバイト申込できるかな…。いろいろ不安だな…。」 “自称コミュ障”だと、いざバイトを始めようと思っても、電話での申込やら面接やらいろいろな不安ばかりが広がります。 その不安を解消し克服す …

帰省土産のおすすめ、東京で買うときお菓子以外で喜ばれるもの

東京から実家に帰省する場合など買うお土産は、できれば喜ばれるものを選びたいですよね。 ただ色々な商品があって、その中から何か1つを選ぶのは難しいかもしれません。 そこで今回は、お土産を選ぶ時の絞り込み …

老害、明日は我が身

老害にあう体験は、何気ない生活の中にも潜んでいます。どんな場面でどんなことがあったのか、リアルな体験例をご紹介します。

コミュ障テストで確認して最適バイトを探す大学生

コミュ障だと、バイトしたいけど制限されそうだし何だか不安…。 大学生“自称コミュ障”だと、いざバイトしようと思っても「コミュ障だから…。」といってバイトに対するさまざまな不安が募りますが、それを解決で …

お中元の時期、北海道・東北・関東・関西では時期が違うので注意

1月から7月ころまでに結婚をすると初めてのお中元シーズンとなり、よくわからないかもしれません。でも大丈夫、<できる妻>になりたいあなたにとって耳寄りな情報があります。

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。