ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

人付き合い

かまってちゃんを治したい、うざい行動をしてしまう心理

投稿日:2017-10-05 更新日:

私ってかまってちゃん…!?

かまってちゃんだと回りからウザいと思われるので、何とかかまってちゃんを脱却したいですよね。

かまってちゃんの人は、それを自覚していないことがあります。運よく自覚できても一人で治すのは容易なことではありません。

何ごとも誰かのこまめな協力があると達成しやすいものですが、かまってちゃんを治すことについては、こまめな協力ではだめです。

その理由と具体的な方法をご紹介します。

スポンサー

 

私の友人で21歳になる女性がかまってちゃんで、一緒にいるといい加減ウザかったので最近それを指摘し、まず友人が自分はかまってちゃんであることに気づかせました。

そして、かまってちゃん脱却大作戦を決行したというわけです。

かまってちゃんを治したい!

かまってちゃんになってしまう原因には、幼少期の経験などの要因が考えられます。

自分という存在を認めてもらいたいという承認要求が強い人が、かまってちゃんになる傾向にありますね。

かまってちゃんを治すには、まずこの承認要求を自分自身でコントロールする必要があります。

そのためにまず必要なことは、自分を否定しないことです。

どうしても「自分は誰からも必要とされていないのではないか…。」「自分なんて…。」と考えてしまいがちです。

そして、「そうじゃないよね!」と自問自答するかのように毎回相手に確認することで、自分の存在価値を見出そうとします。

ですが、そもそもあなたは必要とされているからこそこの世に生を受け、生まれてきたのです。

「必要のない人なんていない!」、「まだ実感はないけど、自分を必要とする人が必ずいる!」と考え方を変えましょう。

否定的な思考になりそうになったら肯定的な思考を思い浮かべます。ひいてはこれが、ボジティブシンキングになっていきます。

次に必要なことは、すべてを忘れて夢中になれるとまでは言いませんが、興味を持てるものを見つることです。

心に穴がある…自分に自信がないから埋めることができません。だから他人に依存することで自分の心を埋めようとします。

しかし、他人に依存してしまうことはその相手の生活や状況を害してしまう危険があります。

相手のことなんてお構いなし状態で接すると、相手は「ウザい!」「めんどくさい!」「苦手!」と思ってしまいます。

他人を利用せず、そして他人の反応を期待せずに自分の心の穴を埋めることが大切です。

おすすめの方法としては、何かに興味を持つことです。

それが結果的に趣味になっていくと思いますが、そういった趣味の時間を楽しみましょう。
楽しむことでストレス発散にもなり、心の穴を埋めることができて、ついには心のゆとりさえも生まれます。

自分自身の時間を楽しむことができるにつれて、他人の立場や状況を考えらるくらいの余裕を持てるようになります。

さて、ここまで読まれてお気づきかもしれませんが、ボジティブシンキングや心に余裕を持つことを目指す過程では、誰かの協力を必要としていませんね?

そもそも、他人に依存するのはやめようといっているわけですから当然と言えば当然です。

むしろ過程の中で、誰かがこまめに協力するとその人に依存する危険があり、いつまでたってもかまってちゃんから脱却できないからです。

もちろん、かまってちゃんは協力者に話しかけるなとか、協力者はかまってちゃんに一切ノータッチというわけではありません。
協力者は、かまってちゃんと一定の距離を保ちつつ、様子を見ながら必要な時にだけフォローするという関係性がベストですね。

最初のうちは、寂しがり屋さんで甘えん坊で他人と接していないと不安になることも多いと思います。

そう感じた時には、誰かに連絡をしようとしたりSNSを更新しようとする手を一旦止め、趣味や自分磨きの時間に費やすなどして自分の時間をしっかり過ごすようにします。

ちなみに他人への依存を我慢できたことなど、ノートに書いておくのもおすすめです。

書くことで、ご自身の努力の証を振り返ることができますよ。

スポンサー

 

かまってちゃんってウザい!

念のため、そんなかまってちゃんあるあるをまとめてみました!

「これって本当にウザい!!」とついつい言葉が出てしまうような、ウザくてめんどくさいのがかまってちゃんの特徴です。

例えば、普通に話しをしていても、常に自分の話しに持ち込もうとして「○○は、こうだから~。」といって相手が話しているのもお構いなしでカットイン!

仕舞いには、自分の自慢話しをちょいちょい挟んできます。

話しをしていて毎回これだとホント疲れます。

さっきまで機嫌良く話していたと思ったら、急にこちらの「どうしたの?」待ちで、「あ~…。」と大きなため息をつく始末。

「どうしたの?」と聞いてしまったが最後!

来ました!と言わんばかりに「ちょっと熱っぽくて…。」と体調不良を猛アピール!

本音で言えば、心配されていることを心の底では大喜び!

つかさずSNSでも自分の体調不良を猛アピール!

心配する声が届く度に、心の中でニヤついている!

常に誰かと繋がっていなければ自分自身の存在価値を見出すことができないため、日に何度もSNSを更新し、かまってちゃんアピール全開!

それでもかまってちゃん欲求は満たされず、「ねえ~ねえ~。」とあまえんぼうになる始末。

これだけではまだまだ納まりませんが、これだけでも十分しんどくなりますよね…。

※実はこれは、私の友人が行っていた行動の一部です…。

かまってちゃんの心理!

かまってちゃんの心理を理解することで、かまってちゃんがナゼかまってちゃんになってしまったのか、そのルーツを知ることができます。

かまってちゃんは、自分自身に自信がありません。

常に「自分なんて…。」という気持ちが根底にあります。

その原因は、幼少期に両親の愛情をあまり感じられなかったり、がんばっても人から「がんばったね!」と褒められることが少なかったりといった幼少期の経験が心の穴となったことです。

その穴を埋めようと自分自身のことを他人から認めてもらいたいという承認欲求(かまってちゃん欲求)が高くなってしまいます。

心の穴を埋めるために常に誰かと繋がっていたい、自分の話を聞いて欲しいといった心理状態になります。

かまってちゃんの心理状態が根深いものになりますと、ミュンヒハウゼン症候群、境界性人格障害、アスペルガー症候群、自己愛性パーソナリティ障害、双極性障害などの精神疾患の可能性もあります。

まとめ

最近は、友人と一緒に居ても「ウザいな~。」「めんどくさいな~。」と感じることがなくなり、一緒に居ても心から楽しい時間を過ごすことができるようになったので本当によかったです。

今では笑い話のようになっていますが、正直今まで本当にうざくてめんどうでした!

他人からうざがられて、めんどくさがられて不快な思いをさせて嫌われないように、ウザい行動をしてしまう心理を理解し、一刻も早くかまってちゃんを治しましょう!

スポンサーs

 

-人付き合い


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コミュ障大学生がバイト申込電話から面接採用、克服のコツ

「コミュ障だからバイト申込できるかな…。いろいろ不安だな…。」 “自称コミュ障”だと、いざバイトを始めようと思っても、電話での申込やら面接やらいろいろな不安ばかりが広がります。 その不安を解消し克服す …

海外転勤について行く?

アラサー女子が、好きな彼から結婚を申し込まれたらうれしいはずですよね。 でも、結婚早々に海外転勤が予定されているとしたらどうですか? 初めての海外生活に不安を覚えるのも無理はありませんが、実は案外何と …

お中元とは誰にすること?相手が喪中だった時にすべきことは?

就職や結婚を機にお中元を考えるにあたり、そもそもお中元って何なのか、誰に何をすれば良いのかハッキリさせましょう。 もし相手が喪中だったら?ビジネスシーンでは?等、相手に失礼がなく喜んでいただけるように …

老害、明日は我が身

老害にあう体験は、何気ない生活の中にも潜んでいます。どんな場面でどんなことがあったのか、リアルな体験例をご紹介します。

帰省土産のおすすめ、東京で買うときお菓子以外で喜ばれるもの

東京から実家に帰省する場合など買うお土産は、できれば喜ばれるものを選びたいですよね。 ただ色々な商品があって、その中から何か1つを選ぶのは難しいかもしれません。 そこで今回は、お土産を選ぶ時の絞り込み …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。