ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

お食い初め

お食い初めのやり方、場所、祖父母の招待で失敗しない方法

投稿日:2017-10-02 更新日:

お食い初めの正しいやり方や場所、祖父母を呼ぶべきなのか迷う…。

どこで行い、誰を呼ぶのかなどわからない事が多くありませんか?

子供にとって大きなイベントであるお食い初め、失敗したくないですよね。

しかし、お食い初めの目的など基本的な事柄を知ることで、無理することなく楽しくお食い初めを終えることができたので紹介したいと思います。

スポンサー

 

私の友人も初めてのお食い初めで、何をどうしていいのかさっぱりわからず悩んでいました。

正しい方法や行う場所、自分や旦那さんの両親(子供の祖父母ですね)を呼ぶのか呼ばないのか等、わからない点がたくさんあったので、一つずつ解決していったのです。

お食い初めの正しいやり方

まず、お食い初めの正しいやり方について調べました。

一体「お食い初め」というのは何?

素朴な疑問ですが「お食い初めの目的は何なのか?」という基本的な事から考えたのです。

お食い初めとは、
生後100日目から200日目の間に子供に初めてミルクや母乳以外の食べ物を食べさせる日。個人差はあるが、この時期に少しずつ歯が生え始める事もあり、歯が生える程に成長したことを喜んでお祝いをする。「一生食事に困らないように」と祈り、健やかな成長を祝う。

次に食事の準備です。

食事は、一汁三菜が基本で以下のとおりです。

  • 赤飯か白飯
  • すまし汁
  • 野菜の煮物
  • 香の物か酢の物
  • 歯固めの石
  • 鯛などの尾頭付きの焼き魚

本来、器は漆塗りの食器をお膳に用意しますが、離乳食用の食器セットや家にある食器でも構いません。

『歯固めの石』というのは、「石のような丈夫な歯が生えてきますように」と願いを込めて、噛ませる真似をするため用いられます。

これは、地域によっても異なりますので、氏神様である自宅の近所の神社の職員に聞いてみれば、快く教えてもらえますよ。

大半の地域では、神社から授かるか境内で拾った石を使いますが、使い終わったらきれいにして戻します。

そして進め方です。

「飯→汁→飯→魚→飯」の順番で、3回繰り返します。

実際は、この時期に「モグモグモグ・・・ん~おいしい!!!」とたくさん食べて喜ぶ」赤ちゃんはいません。(笑)

ほんの少量を口にちょんちょんとあてて、食べさせる真似をするだけです。

それを誰がどの様にするかというと、出席者の中で一番年長の人が赤ちゃんを膝に乗せて、手で赤ちゃんの口元に持っていっても構いませんし、お箸で行ってもどちらでも構いません。

しかし、最近は正式な方法にこだわらない家庭も増えてきたので父親や母親が行ったり、出席者全員で交代して行ったりとさまざまなスタイルがあるようです。

3回終われば、それで終了です。用意したものは大人が食して構いません。

スポンサー

 

お食い初めを行う場所や時間

次にお食い初めはどこで行うのか?

まず、お食い初めの場所については基本的に自宅で行います。

時間は決まっていませんが、昼食の時間に合わせて家族の食事と一緒にお食い初めも行うケースが多いです。

しかし、必ずしも自宅で行わなければいけないという決まりはありません。

ホテルやレストラン、料亭などでも「お食い初めプラン」などとして、家族用の食事の他に特別に料理の準備やスペースの提供を行ってくれる場所も増えています。

また自宅で行う場合と外で行う場合とでは、メリット・デメリットもあります。

自宅で行う場合、

自宅であるので子供にとってもリラックスした状態で行える。

突然眠たくなっても落ち着いて眠れたり、オムツの交換なども気軽にできる。

しかし、準備物などは自分で行わないとならない為手間がかかる。

また、祖父母などを呼ぶ場合は、その人数分の料理も用意しないとならない。

外で行う場合、

自宅での準備をしなくてもいいので便利である。

店によっては記念に写真も撮ってくれたりするので良い思い出になる。

しかし、自宅で行うよりも費用がかかる場合も多い。

また、個室であっても子供が泣いたりすると気を遣う。

授乳やオムツ替えが必要になった場合、一旦個室を出ないとならなかったりする。

また、参加する家族の状況によっても場所が変わってくる事もあります。

例えば、、、

  • それぞれの両親は呼ばない予定だったが妻の両親が参加したいと言っている。しかし、体が不自由で動けない
    ・・・こんな時は、妻の両親の自宅で行ってもかまいません。
  • 遠方で食器などを持って行けない、用意が万全にできない
    ・・・こんな時は、お食い初めの食事をお取り寄せサービスなどを利用してもかまいません。

他にも各家庭には様々な事情がありますよね。基本の事柄を知ったうえで、自分たちのスタイルにあったやり方にアレンジするのは致し方ないと思います。

お食い初めに祖父母を招待する?

友人は東京都に住んでいて実家は宮崎県。子供の祖父母(友人の両親)は健在だが、やはり気軽に呼べる距離ではないので悩んでいました。

祖父母にとっても大事なかわいい孫で、生まれた時には大変喜んでくれたそうです。

誘えば喜んで来てはくれるとは思うが、お食い初めでわざわざ祖父母を遠方から呼ぶ必要があるのか?

それとも、招待せずに自分たちだけで行うのか?

どちらか正しいのか悩んでいました。

本来であれば、家族で子供の成長を喜びお祝いする行事ですので、家族が揃うことが望ましいです。

祖父母が健在で遠方であっても移動に支障がなければ、また喜んで来てくれるようであるなら招待した方が良いでしょう。

もちろん、必ず招待しなければならないという事ではないので、祖父母の体調が芳しくなかったり、あまりお食い初めに対して興味がなかったり、一緒にいると気苦労を感じるなど等、そのような状況であれば、無理に誘う必要はないと思います。

しかし、「知らない間にお食い初めが終わっていた!」という事態は、祖父母を寂しい気持ちにさせてしまうかもしれません。

後で角が立たないようにあらかじめ話をしておいた方が無難ですね。

誘う気持ちがあるなら「〇月〇日にお食い初めをするので来れますか?」と聞けばいいし、あまり誘いたくないなら「~~~という理由で、こっちだけでするね。後で写真を送るよ。」などと言い切ってしまっていいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もし○○なら、もし△△であれば、と考えるポイントがたくさんあってややこしくなってしまいましたか?

焦らずに一つ一つはっきりさせて結論を出してくださいね。

ちなみに相談してきた友人の場合は、両親(子供の祖父母)の住まいが遠方ですが孫の誕生を喜んでくれていたので、声をかけ東京まで出て来てもらうことにしました。

また、せっかく両親(子供の祖父母)も来てくれるならば正式に行いたいと考えましたが、準備やら何やら時間の都合がつかなかったので、お食い初めプランを用意しているレストランの個室を予約して行いました。

食事はもちろん、歯止めの石の用意、記念写真まで撮影してくれて、両親も喜んでくれたし良い日になったと喜んでいました。

スポンサーs

 

-お食い初め


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。