ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

スキンケア

皮膚科のニキビ薬で治らないとき飲み方と副作用をチェックする

投稿日:

顔にニキビができて悩む方は多いと思います。

すぐに治れば良いですが、なかなか腫れが引かないでやっと治り始めたかと思うと跡が残ってしまったり、完治まで時間がかかるケースもありますね。

私自身も頬に大きいニキビができて、完治するまで1ヶ月以上かかった経験がありました。

その時に私が行った対処方法は、それほど難しさを感じることなくニキビを改善することができました。

そこで、顔にできたニキビで悩む方に私の経験も踏まえて対処方法を紹介したいと思います。

スポンサー

 

先日、友人からニキビについて相談を受けました。

友人は、接客の仕事をしていてお客様と顔を合わせる機会が多いので、早めに皮膚科へ行きました。

しかし、ニキビが治る気配はなく困っていたので、悩む友人のためアドバイスしたのです。

皮膚科のニキビ薬で治らないときの対処法

ニキビをなくしたくて皮膚科で受診すると、処方されることが多いのは抗生物質です。

抗生物質を処方する目的は、ニキビの原因アクネ菌やブドウ球菌の繁殖を抑制するためです。

友人に処方された薬を聞いたら『ミノマイシンと抗炎症作用のある薬、毛穴の詰まりを改善する薬かな』と言っていました。

私もミノマイシンの処方されました。そして全て飲みきって完治しましたので、友人も改善できるはずですが、冒頭のとおり状況はよくないようです、なぜでしょうか・・・?

私のように処方された薬をきちんと服用したにも関わらず、ニキビが改善されないというケースがあります。

そんな時、「あぁ~、この皮膚科はダメだ」と決めつけ、皮膚科を変えてしまう人が少なくありません。

しかし、皮膚科を変えても最初に処方される薬はほとんど同じなので、やっぱり治らないということが多いようです。

薬が想定とおり効いているかどうか、その判断は薬を処方してくれた皮膚科の医師にゆだねることが大切です。

アクネ菌だけに効果が期待できる薬が無いらしいので、最初に処方された薬で効果がなければ違う薬に変えるなど、医師はその対処してくれます。

ずっと以前の私の行動は、もっとひどいものでした。

最初の皮膚科を変えたことはもちろんのこと、それでも改善がなかったために市販薬を試したり美容サロンへ行くなど色々対処した結果、余計に症状が悪化していました。

そういった体験から言えるのは、まず処方された薬を飲み切ることが大前提で、それで症状が改善されない場合は、その薬を処方してくれた医師に経過とともに相談するのが大切だということです。

ただし、「病院選びは寿命を伸ばす」と言われるようにあなたと病院(医師)の相性が合う合わないということもあります。

せっかく相談してもその後の処置に納得できない等、対応が誠実でなかったり、あなたの悩みに寄り添っていないように感じたら、その皮膚科を変えるというのも一つの手段だと思います。

さて、処方された薬を服用しながら肌の環境を良くすることも大切なニキビ対策です。

ニキビの原因菌や炎症を起こした患部には薬が働きかけるので、あなたはベースの肌のケアをしましょう。

土台の肌に元気がなければ、ミノマイシンのような抗炎症作用のある薬を服用しても効果は半減です。

なぜなら、肌の毛穴は皮脂や古い角質が詰まりやすく、それがニキビなど肌のトラブルの原因になるからです。

スキンケアについても後ほど紹介したいと思います。

スポンサー

 

処方された薬は正しく飲んでいるか?

皮膚科で処方された飲み薬が効かない時、薬の飲み方をチェックするのも大切です。

ありがちな話ですが、『3日間は毎日正しく飲んだけど、効果を感じなかったから最近まちまちかなー』という人が多いです。

処方された薬は、全て飲み切ることが大切で、風邪で病院へ行って抗生物質を処方された時、薬剤師から全て飲み切るように言われますが、それと同じで正しく飲み切ることが必要です。

それと、初診の時に医師へ伝えた話と実態にギャップがないことを再確認するのも大切です。

ニキビなど肌トラブルの場合、薬を使用しても睡眠不足が続いていたり、食生活が乱れていると薬の効果が出にくいケースがあります。

また、精神的なストレスも肌へ悪影響を与えます。

そういったことから初診の時にあなたの現状をできるだけ詳細に伝えて、生活改善のアドバイスとともに薬を処方してもらえるようにします。

私の友人のように『仕事が終わって帰宅すると夜中になっているから、毎日夜中にごはんを食べてる』や『寝ないで朝まで遊んじゃう』という人は、その生活の見直しが必要です。

夜中の飲食は腸内環境を悪くする原因の一つで、腸内環境が悪くなると肌のトラブルも起きやすくなるからです。

夜遅くまで仕事という場合、できるだけ適正な時間帯に夕食を摂ったり、それができずに夜中に食事をする時は、脂肪分の高い食品は厳禁で野菜を多く食べるようにしましょう。

皮膚科で処方された薬を正しく飲みながら、生活習慣や食生活を見直すこともニキビ対策には大切です。

さらに肌の環境を整えることも大切で、私が以前ニキビで悩み対策して改善できたスキンケア方法を紹介します。

洗顔時使用する洗顔料は、肌に優しい天然の固形石鹸がおすすめです。

皮脂を落とし過ぎず適度な皮脂が肌に残るので、肌の環境を悪くしないですみます。

また、天然固形石鹸だと毛穴に詰まった古い角質や汚れを落とせるので、ニキビ対策には最適です。

洗顔後は、保湿成分が含まれている美容液などを使用して肌の乾燥を防ぐ対策をします。

皮膚科のニキビ薬で副作用が出ていないか?

皮膚科で処方された薬を服用して、副作用が出ていないか確認することも大切です。

抗生物質のミノマイシンは、吐き気や腹痛、めまいなどの副作用を起こすケースがあり、肌の良い菌まで殺すことで炎症を起こす場合もあります。

薬を服用して異常を感じたら、服用を止めて医師に相談するのが大切です。

また、正しく服用しないと後々抗生物質の効果が出にくい体質になることもあるので、処方された薬は正しい服用が大切です。

まとめ

皮膚科から処方された薬を服用しても改善が見られない場合、勝手に判断しないで医師と相談しながら総合的な対策をすることが大切です。

また、薬を飲んでニキビが治ったとしても完治までの期間と同じ期間は再発のリスクがあるといわれています。

医師のOKが出るまでは、決して油断しないようにしましょう。

スポンサーs

 

-スキンケア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

コラーゲンやゼラチンをたくさん摂れる食べ物

コラーゲンは「お肌のハリを保つ成分である」ということで有名です。では、どうすれば安定的にとり続けることができるでしょうか?

オイルクレンジングとは?正しい使い方で乾燥を防ぎましょう!

オイルクレンジングは毛穴の黒ずみがきれいになると聞いてきたようで試したいが、そのママ友はもともと肌質がオイリー肌で、オイリー肌×オイルクレンジングでどうなのだろうと相談を受けました。

子供の日焼け止めに大人用を使ってはダメ、その他の注意点など

子供は日焼けしているくらいの方が、元気そうでいいですか? ただ、小学校低学年より小さいお子様の場合は、そうも言ってられません。 子供の肌トラブルを防ぐには、日焼けに注意しなければなりません。 子供に合 …

no image

産後のシミ取りに使う化粧品の注意点

待望の赤ちゃんを授かりハッピーオーラ全開のはずが、妊娠前には全くなかったシミが急増し、しかも全身にできているママが少なくありません。そのシミ、消えますか?

毛穴クレンジングの正しい方法とドラックストアで買える市販品とは?

同月齢の子供を持つママ友を我が家に来てもらって遊んでいたところ、産後1年ほど経って、鼻廻りの黒ずみが気になると相談を持ち掛けられました。 「クレンジング方法を見直すべきかしら…。」と話しており、私自身 …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。