ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

結婚式・結婚披露宴

お彼岸に結婚式って変ですか?

投稿日:2017-07-11 更新日:

結婚式はめでたい事なのにお彼岸は結婚式をやりずらい…若者はそんなに気にしませんが、年配の方は結構気にされるようです。本記事では、無事みんなに気持ちよく祝ってもらえるような日にするにはどうしたら良いかを考えます。

スポンサー

 

お彼岸に結婚式をする理由とは?

お彼岸の時期になると暑さも落ち着き、夏から秋に差し掛かる丁度いい時期だとも言えます。これよりも早く結婚式と披露宴を予定すると招待した方は、暑い中に来ていただくことになってしまうので、とても大変になってしまうのです。

すっかり夏も終わって涼しくなった時に結婚披露宴をすれば『季節の切り替えの時期に結婚式を挙げたのだ』と印象にも残りやすくなると思います。

なので、気持ちよくお祝いをしてもらうのであれば、過ごしやすい時期に招待したいですよね。またこのお彼岸を目掛けて祝日も多く、いつもお仕事されている会社の方も披露宴には誘いやすい気がします。

9月中のカレンダーを見てみると秋分の日、敬老の日がある時期がちょうどお彼岸の時期なので被ってしまうのは仕方ないのです…。

結婚式に限らず、やむを得ずにこの時期を狙って何かをするという方も少なくないでしょう。また、今の時代、お彼岸だからお墓参りをするという風習が薄れてきているので、そういったことを気にしないで結婚式をあげる若者も多いようです。8月にはお盆休みもありますから、お墓参りはその時に済ませてしまう方も多いのでしょう。

お彼岸の結婚式に反対する人の考え方とは?

やはり昔からの風習を気にされる方が多いのでしょう。お彼岸は秋分の日に祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ日だという認識が強い年配者が多い一方で、その認識が薄い若者が増えてきたので反対をされるのです。

もちろん、それはとても良い風習で若者も大切にしなくてはいけない風習です。私自身も見直さなくちゃいけないと思っています。ですが、その風習がある故にお彼岸の時期の結婚式が不謹慎なものになってしまうのは、ちょっと違うと思います。別にしんみりと過ごすのがお彼岸ではないのに、結婚式が不謹慎なものになってしまう…それは悲しいですよね。

お彼岸はしっかりお墓参りをして祖先を敬い、亡くなった人を偲ぶ…んー…お彼岸に限らずいつも敬うべきではないかと思いますが…でもこの風習を大切にされている方を説得するのは難しいところです。

9月20日が彼岸入りで、9月23日が秋分の日で彼岸の中日。彼岸明けは9月26日ですが、その期間はどうしても結婚式に対して嫌悪感を抱く年配者は多く、披露宴というとどうしてもチャラチャラした印象を持たれてしまいますからね。「先祖も敬わずに結婚式なんて何を言うとる!!」と思われてしまうという訳です…悲しい。

お彼岸結婚式に反対する招待客を説得する?

これは結婚式をする当の本人が気にするか、気にしないかで変わってくる問題ではないでしょうか。結局は、気持ちが占める割合が多い問題です。結婚式は家同士の契りという考え方もありますが、突き詰めれば主役は新郎新婦です。結婚式を挙げる二人が主役なのですから二人の判断で決めていいと思います。

無理に説得する必要はないでしょう。せっかく二人のめでたいイベントなのに、そんな説得なんて気苦労してる暇なんてありません。(笑)

スポンサー

 

どのような気持ちで9月中の予定を一生懸命考えて二人で決めたのか、また招待客のことも考えた上で決めた日程だと話せば、お彼岸だろうが何だろうが、新郎新婦の幸せを祝ってくれる親戚や友人は結婚披露宴に来てくれるでしょう。

お彼岸を狙って考えなしに予定を組み込んだのではないと伝えましょう。9月中の祝日で予定するとお彼岸にあたるのは当然のことです。やむを得ないということは伝えてください。

そこで来てくれた友人や親戚を大切にして楽しく過ごしましょう。ここで結婚式を挙げられれば後日に、お墓参りへ行って結婚式を挙げたことを報告出来るかもしれないじゃないですか。反対して結婚式を不謹慎に感じるような方は個々で自分に合ったお彼岸を過ごせばいいのです。

そこまで邪魔できませんからね。お彼岸の過ごし方も人それぞれです。

まとめ

どうしても、お彼岸に年配者を説得して披露宴に誘うというのは結構ハードルが高いように感じますが、年配者といっても親や自分を大切に思ってくれている上司は案外、気にせずに来てくれるものだと思います。

いつも可愛がっている人が披露宴をするというのは特別なことでしょっちゅう見られるものではありません。お墓参りは好きな時に出来ますし、お彼岸も毎年やって来ますのでその時々に出来るのです。披露宴は毎年やりませんよね。(笑)

そう考えれば、とても特別な日は披露宴ということになります。きっとそんな大切な日を『お彼岸だから』と主役が仕方無く結婚式を自重してしまっては先祖も悲しんでしまうような気がするのです…。それでしたらしっかり二人でしっかり考えて決めた日程、お彼岸だろうが何だろうがを貫き通すことが一番ではないでしょうか。

とびっきり綺麗にして素敵な結婚式を挙げてあえて、お彼岸だからこそ本当に大切に思ってくれている人の前で披露宴をやっちゃうのも気分がいいものだと思います。そこには建前なども存在しないので気分の良い披露宴ができるはずですよ♪

主役は新郎新婦の二人ですから好きな日程ですが、招待客のことも考えた上で決めた9月中の予定は崩さずそのまま結婚式をやっても正直、不謹慎でも何でもありません。結婚式をやったからって先祖を邪険にしているわけではありませんからね(笑)
その日を大切に素敵な1日を過ごして堂々と披露宴を成功させてくださいね♪

スポンサーs

 

-結婚式・結婚披露宴


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

事務職OLが選べるブライダルネイルの種類は?(後日ハネムーン)

事務職の彼女は、チャペル結婚式(ウエディングドレス)と結婚披露宴が土曜日で、ハネムーンなしで週明け通常出勤という予定の場合、最適なブライダルネイルとは?

結婚式の服装のマナー、ドレス以外でワンピースのコーデは?

初めて友人の結婚式にお呼ばれ♪でも何を着たらいいんだろう…。 初めての結婚式だからこそ、マナーをわきまえた服装でしっかりお祝いしたいですよね。 24歳独身の妹がおり、初めての友人の結婚式のお呼ばれで服 …

ブライダルエステの選び方といつからするかの体験談

ブライダルエステのサロンは、どう選べばいいのか?体験者からのアドバイスをご紹介します。 結婚式当日に最高に輝く自分にしたい新婦は、ぜひご覧ください。

ブライダルエステとは?効果出るようにいつから始める?

先日、3ヶ月後に結婚を控えている同僚と食事に行き、その中で相談を受けました。 『彼女小ぎれいにしてるけど、若干ぽっちゃりなんだよねー!』と同僚が言ってきました。 それを聞いた私は、同僚の奥さんになる人 …

アラフォー男性の婚活を成功させる方法、パーティの心構えとは?

38歳の職場の先輩が、ここ数年出会いがなくこのままでは一生結婚できないのではと悩んでいるようです。 男から見ても先輩の容姿は悪くないと思います。会社内の人間関係も良好です。 なので「どうして俺は結婚で …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。