ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

節約

エアコン取り外しと処分を自分でして費用を節約する例

投稿日:2017-07-09 更新日:

エアコンの取り外しは自分でもできますが、その後に売りたいなら専門知識が必要です。売らずに処分する場合、ごみ集積所には出せません。

知っていればなんてことないのですが、面倒であれば、取り外しから業者に依頼するのが無難です。

先日友人と話をしていたら、10年間使用したエアコンを買い換えるので、コストを抑える為にはどのような方法が良いか相談されました。そこで、コストを抑え一番お得にエアコンを取り外すには、どんな方法がベストか色々なパターンを比較しながら調べました。

スポンサー

 

エアコン取り外しを自分でする

友人は少しでも節約したいため、自分でエアコンの取り外しをしたいと考えていました。

しかし、素人でも取り外しができるのか、素人が取り外したエアコンでもリサイクルショップは引き取ってくれるかなども気にかけていました。

私の経験をもとに友人に教えたのですが、以前引越しの際に近所の電気屋にエアコンの取り外しと新居への取り付けをお願いしました。

その時に電気屋は、『自分でエアコンを取り外す時、ガスを抜くことが難しいから業者に依頼した方が良い』と言っていました。

自分の商売だからそういったことも考えられますが、ガス回収などを考えないでエアコンと室外機を繋ぐホースを切ってしまい、その後使用できないケースがあるらしいです。

廃棄処分前提のエアコンであればそれでもいいですが、リサイクルショップでの買取してもらうことを希望している場合は、その点に注意しなければなりませんね。

リサイクルショップは、素人が取り外したエアコンを買い取ってくれないことが多いようです。

また引越しなどでエアコンを再度取り付けたい場合、素人が取り外したエアコンはガスの量が不足するケースが多く、そういったとき修理するとなるとかえって高くついてしまうこともある、と電気屋が言っていました。

エアコンの取り外しを自分でやる方法などネットなどにも載っているので、しっかり行えれば節約に繋がりますが、失敗のリスクも考えることが大切なポイントです。

スポンサー

 

エアコン取り外し後の処分のしかた

友人が、『エアコンは不用品と同じで、ゴミの回収で出しても良いの?』と聞いてきました。

エアコンは、家電リサイクル法の対象になっているのでゴミの回収には出せません! 

家電リサイクル法とは、製造したメーカーが処分されたエアコンを最終的に引き取らないといけないという法律です。

その為、無料かお金を払い不用品回収業者に依頼するか、エアコンを購入した販売店に引き取ってもらうことが処分方法としてあります。

購入した販売店がわからない場合や回収業者の選び方がわからない場合には、居住する地方自治体に問い合わせると処分方法を教えてくれます。

関東某市のホームページに掲載されているエアコンの処分方法には、基本購入した販売店に引き取ってもらうか、買い換えの場合にはその販売店に引き取ってもらうという案内が記載されています。

これらに該当しない場合、某市が指定する引き取り場所に自分で持って行くか、業者に搬送を依頼するかとなっています。

引き取ってもらう際の費用は、事前にリサイクル料金を銀行振込などで支払います。

ちなみ某市のエアコンリサイクル料金は1600円弱で、他の自治体もおおよそこれくらいの金額です。

地方自治体によって金額や引き取り方法など違いがあるので、事前に確認した方が良いでしょう。

エアコンの処分は、無料かお金を払うかで廃棄する方法、使用できるエアコンであればリサイクルショップに買い取ってもらう方法があります。

エアコン取り外しを業者に依頼する場合

エアコン取り外しを業者に依頼する理由は、いくつかあります。

  • 自分で取り外すには、困難な場所に設置してある。
  • リサイクルショップに買い取ってもらうため確実に取り外したい。
  • 自分で取り外すことを考えていない。
  • 買い換えで販売店に依頼する。
  • 引越しなどで新居に再度取り付ける。

などです。

ただし、業者に依頼する場合には幾つかの注意が必要です。

私の時は、くらしのマーケットで近所の電気屋に依頼して、口コミとおり良い業者だったので良かったですが、いずれにしても知らない業者に依頼する場合には、費用など契約内容に注意しましょう。

高めの業者も安めの業者もたくさんあるので、数件の取り外し業者から見積りをとって比較した方が良いですね。

地元で評判の高い業者が無い場合には、ネットなどを利用して業者を探すのも良い方法です。

また見積もりを出してもらった後、掲示金額以外に追加料金などが発生しないかを必ず事前確認したいところです。

まとめ

自分でエアコンを取り外す場合のメリットは、費用の節約ができるということです。

しかし、それをリサイクルショップに買い取ってもらいたいときには、買取不可にならないよう注意する必要があります。

それと、自分で取り外すときの怪我などのリスクも考えることが大切です。

不用品回収業者を選ぶ場合は、安く回収する業者や無料で回収してくれる業者もあるので、情報収集が大切なポイントです。

また、業者に取り外しを依頼してリサイクルショップに売る場合には、買取金額と業者に払う費用のバランスを考える必要があります。

できれば買取金額で業者への費用が賄えれば、その方が良いですよね。

スポンサーs

 

-節約


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夜行バスで疲れる、寝れない、乗り遅れを防ぐ26の心がけ

夜行バスに初めて乗る方が、車中でやりがちな間違いを実体験をもとにご紹介します。 間違いを知れば、間違いをしなくて済みます。

夜行バス初めての人は持ち物と必需品を知っておきましょう

夜行バスで目的地までの快適な過ごし方をご存知ですか?そのポイントは、大きく分けて7つです。 経験者の実体験をもとにしたアドバイスをご紹介します。

夜行バスで東京大阪間を予約するとき16の注意点

夜行バスで東京と大阪間の利用者はとても多いです。そのため車中は混雑することが多く、希望する便を確実に快適に乗るために予約の仕方を工夫することが大切です。 夜行バス経験者のアドバイスをまとめましたので、 …

ETCマイレージサービスに登録してレンタカーでも使えるよね?

(この記事は30年3月29日に修正しました) たまには高級ワンボックスのレンタカーでも借りて遠出したいなぁと思ったとき、せめて高速代くらいは節約しようとETCを使いますね? さらにポイントも付けばお得 …

動画/エアコン掃除のやり方、業者に頼む前に自分でできること

本来、エアコンは定期的に掃除することが理想です。ただ、毎回業者に依頼する必要はありません。自分でできることがあります。 とは言え、ついつい億劫になってサボってしまいがちで、気が付いたときにはエアコン内 …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。