ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

遠足

親子遠足で注意したい服装、持ち物、お弁当は?

投稿日:2017-06-25 更新日:

はじめての親子遠足。行先は、県立植物園です。
天気は大丈夫かな?持ち物は何が必要かな?そもそも親子遠足ってどんなもの?
不安だらけの親子遠足を楽しいものにできるようアドバイスしていきます。

スポンサー

 

親子遠足でママの服装のおすすめは?

親子遠足というものは春か秋の遠足シーズンに行われ、最近は多くの幼稚園・保育園で取り入れられています。

ふだんは幼稚園や保育園の敷地内で過ごしている子供たちと一緒に動物園や遊園地、フルーツ園などの施設へ行くことが多いです。一緒に行動したり、体験することで得る楽しさや発見、驚きなどさまざまな気持ちを共有することができます。さつまいも堀りやみかん狩りなどといった体験型などが多いのも特徴です。

さて、「親子遠足で保護者も多く来るので、少しでもオシャレなコーデで良い印象を与えられるように…」と思うかもしれません。でもあくまでも「遠足」であることは、忘れないでください。動物園や遊園地となると園内での移動が多くなり歩く場面も多くなります。そんな時にスカートにヒール、というコーディネートはふさわしくありません。

またアクセサリ―類も邪魔になる事も多く、時計などの必要最低限のもの以外は身に着けていかないようにしましょう。
植物園なのであまり汗はかかないかな?と思うかもしれませんが、残暑のために汗をかくこともまだまだあります。なのでデニムなどの動きやすいズボンに半袖の服、すぐに着脱できるカーディガンなどのはおりもの、スニーカーにリュックがおススメです。

「もっとオシャレな格好で行きたい!」と思うかもしれませんが派手ではなく動きやすい服装が一番良いのです。身軽ですぐに行動できる服装のママが好印象であることも多いです。

スポンサー

 

親子遠足への持ち物で、あると便利なものは?

次に、親子遠足に行くときに持っていくと便利なものについて紹介します。

持ち物については、各幼稚園や保育園から事前にお手紙などで必要なものを伝えられることが多いですね。
でも、お弁当、水筒、シート、おしぼりなど必要最低限の物しか書いていないことが多いです。

その他に持っていくと便利なものは、その場で印刷できるスマホdeチェキです。
集合写真などは園が撮影してくれるでしょう。それぞれの自由行動の時に子供たち同士で遊んでいる様子などは、普通にバシャバシャとスマホで撮影するでしょう。スマホdeチェキがあれば、その場で同じ写真を何枚も印刷できるので、出来上がりを見ながらさらに盛り上がれます。

スマホdeチェキとはなんですか?

また、ビニール袋は数枚持っていきましょう。着替えを入れたり、突然の汚れ物などを入れる際に役立ちます。

そして多めに持っていくと良いのがおしぼりです。
事前に必要な持ち物としてお手紙に書いているかもしれませんが、お弁当を食べる前だけでなく、植物園だと虫も少なからずいるのでこまめに手を拭く必要があります。おしぼりとして持っていくのが荷物になる場合は、携帯用のウェットシートや100円ショップで販売されている個包装の使い捨ておしぼりもオススメです。

そして、子供はケガがつきものなので絆創膏も数枚持っていくと良いです。
先生が持っているかもしれませんが、個人で持っておけば転んでケガをしてもすぐに対処できます。

また、もし雨の予報があるならば、折りたたみ傘が1本あると安心ですが、雨合羽だと両手が使えるので便利です。

親子遠足に持っていくお弁当の注意点は?

親子遠足ではほとんどの場合、お弁当持参ではないでしょうか。
最近では、キャラ弁と言われるキャラクター弁当を作られるママが多く、SNSなどでは作ったキャラ弁の投稿も目立ちます。ましてや親子遠足となれば、他の保護者の目も気になります。

確かにキャラ弁の醍醐味は、お弁当箱を開けた時の見た目です。子供が好きなキャラクターが、お弁当箱の中から現れれば子供は喜びます。

しかし、実際に食べるとなると見た目よりウィンナーや果物など、子供が好きなおかずがちゃんと入って食べきれるという方が大切ですよね。どれだけ手の込んだお弁当を作っても食べ残しがあっては、ママは残念な気持ちになってしまいますし、なにより子供が満足しなかったのかなとか心配です。

なので、思い切ってキャラ弁はやめませんか?
栄養のバランスはもちろん、子供が手に持って食べやすい、最後まで食べられるということを最優先で考えたいと思います。

また、冷房等が効いている場所にお弁当を置けるかどうかわかりません。念のため、お弁当は保冷バックに入れ、保冷剤も一緒に入れて持って行きましょう。

まとめ

初めての親子遠足。
親子遠足がどのようなものなのか、他の親子の方と仲良くできるのか、忘れ物をしてしまい現地で焦らないか…など心配なことが多いかもしれません。

しかし、きっと子供はそんな心配は一切なく、遠足が楽しみで仕方ないはずです。
持ち物で持っていくと便利なものをお伝えしましたが、「あると便利」問だけであって、万が一忘れてしまっても親子遠足が台無しということはないので安心してください。

遠足前日には園からのお手紙をよく読んで忘れ物のないようにし、遠足当日を楽しんでください。

スポンサーs

 

-遠足


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。