ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

スキンケア

化粧前のスキンケアとは?やさしく洗顔としっかり保湿が美肌のコツ

投稿日:2017-06-17 更新日:

肌荒れがある代女性は、お化粧前のスキンケアはどんな感じですか?洗顔と保湿のやり方が間違っているかもしれません。

することは地味ですが、続けることで美肌になれる方法があります。

あらためてお化粧前の洗顔と保湿を見直してみましょう。

スポンサー

 

化粧前のスキンケアとは

お化粧前のスキンケアは、化粧水からではなくクレンジングと洗顔からが大切です。この段階で、肌に優しくしつつ汚れを取ることで次の段階が生きてきます。

何といってもチカラ任せにゴシゴシ洗ってはいけません。もちろん、サッと簡単に済ませてしまうのもダメです。

皮脂はすべて取りきらず、角栓はすべて取るつもりでクレンジングや洗顔をすることを心がけます。

化粧前のクレンジング

化粧をした日の夜だけクレンジングをするという方は多いと思います。でも本当にそれでいいのでしょうか?

朝、クレンジングされていない方は「夜は化粧していないし・・・」ということかもしれませんが、前の晩の乳液や保湿クリーム、そして皮脂、残っていませんか?

朝のお化粧の前にクレンジングをした方が良いかどうかの目安としては、肌がベタついていないか、化粧のノリが悪くないか、そういった点になります。

特に肌のベタつきがあるかどうかは、触ればだいたいわかると思いますので、意識して確認してみてください。

肌のベタつきや化粧のりが悪いなどの場合は、洗顔の前にクレンジングをした方がいいでしょう。

もちろん、クレンジングの洗浄力は肌に負担がかかりますので、現在のお肌に合うものを選んでくださいね。

それと問題なのは、朝のクレンジングは面倒だということですね。

どうしても毎日は続けられないという場合は、クレンジング剤を使うのではなくお肌の油分を取りやすい洗顔料を使うことで、クレンジングを省略してもいいでしょう。そもそも目覚め顔の油分がちょうどいいという時は、クレンジングをしなくてもいいですよ。

いずれにしても油分の取り過ぎには注意してください。乾燥肌が進行してしまいます。また、「私の肌はオイリー」という方が実は乾燥肌というケースが少なくなく、肌が乾燥しがちだからこそ体が肌を守るために油分を出していることも考えられます。

化粧前の洗顔

さて、次に洗顔ですが、洗顔料ではホイップクリームのようにしっかり泡を出してください。泡が少ない状態での洗顔も肌への負担が大きくなってしまいます。

泡ができれば、額、両頬、小鼻の横、あご、耳の後ろという順番で洗い上げます。

洗い流す時には、適温32度のぬるま湯でしっかり洗い流します。

これをしっかり行うことで、毛穴の汚れ(角栓)もしっかり取れますね。

ちなみに毛穴の汚れ(角栓)だと思っていたものが、毛穴のシミということがあります。シミにも関わらず、クレンジングや洗顔に一生懸命になってしまうとかえって酷くなってしまうことがありますので、注意してくださいね。

スポンサー

 

化粧前の保湿

毛穴の汚れがきれいにとれた後、次は保湿です。

化粧水は、安価なものでもいいのですがケチケチ使うのはよくありません。たっぷり使ってください。

化粧前の保湿としてプチプラならば、amazonでベストセラー1位のナチュリエ スキンコンディショナー 500ml はいかがでしょうか?しっとりしているのにべたつかない、ハトムギエキス配合の化粧水です。

さて、化粧水をお肌になじませるのは、コットン派と手のひら派の方がいらっしゃいますね。どちらにも納得できる言い分があって、どちらか一方に決めるのは難しいのですが、手のひら派が多いようにも思えます。

ただ、どちらにも注意してほしい点があります。

コットン派の場合は、チカラ加減に気を付けることです。目安としては他人にパッティングしてあげる際の<遠慮がち感>です。

手のひら派の場合は、パンパンの音が出るほどたたくのはやり過ぎです。その刺激は決して肌のためにならないので、程度に気を付けて程よい刺激のチカラ加減でなじませてください。たたくというよりは、化粧水を肌に押し込むイメージです。

化粧水をたっぷり使ったら3分ほど放置します。お肌に浸透するのを待つためです。

もし濡れたままという時は、化粧水がなじんでいないかもしれません。そんな時は、きちんと洗顔(クレンジング)できているかどうか、再チェックしてくださいね。

化粧水の後、基本は乳液を付けます。化粧水が乾燥しないようにフタをするイメージです。

まとめ

クレンジングと洗顔、化粧水までをしっかりできれば、基本はOKです。

あとは必要に応じて、美容液などを利用してお肌に元気を取り戻してください。

スポンサーs

 

-スキンケア


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

産後のシミ取りに使う化粧品の注意点

待望の赤ちゃんを授かりハッピーオーラ全開のはずが、妊娠前には全くなかったシミが急増し、しかも全身にできているママが少なくありません。そのシミ、消えますか?

頭皮の脂漏性湿疹に効果があるシャンプーを楽天よりも得する買い方

脂漏性皮膚炎で頭皮に湿疹ができた場合、痒みやふけを改善するためシャンプーを変えましょう。 この病気は珍しいものではなく、ストレスや生活習慣が原因となるる皮膚病ですので、人には言えないけど実は悩んでいる …

クレンジングで毛穴すっきり、敏感肌OKおすすめ市販品

クレンジング 毛穴に興味を持つ多くの人が疑問に思う点や間違いやすい点を解決する1つの方法としてヴェルヴェティクレンジングジェルがあります。

皮膚のカビはうつる?薬を飲んでも治らない時の治し方

なんか肌が変に痒くて治らない…。それって皮膚に感染したカビのせいかもしれません。 治りにくい背中のカビ感染を完治できましたので、その体験をふまえてカビが原因の皮膚の異常がなかなか治らない時の対処につい …

化粧水の付け方は手かコットン、乳液と順番を守り効果最大!

化粧水 付け方に興味を持つ多くの人が疑問に思う点や間違いやすい点を解決する1つの方法としてプレミアムモイストエッセンスがあります。

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。