ぐちゃら~

ぐちゃぐちゃあるネタをスッキリさせよう!

暑さ対策

バイク乗りの暑さ対策はヘルメットの通気と水分補給の工夫

投稿日:2017-06-15 更新日:

バイクに乗りはじめて初めての夏を迎える人には、急いで暑さ対策が必要です。フルフェイスのヘルネットならなおさらで、水分補給と併せてある意味熱中症対策ですよね。

現在、大型二輪教習を受けておりもう少しで卒業で大型バイクを買いたいと思っています。
ただ、当然ですがまだ教習所以外では乗ったことがないので、実際にプライベートや通勤で乗るようになったらどうなるのか、少々不安もあります。

真夏に運転するとき、エンジンの暑さ、長袖・長ズボンの暑さ、ヘルメットの暑さ、長時間運転する場合の水分補給の仕方など・・・。
やっぱり体験する前は、いろいろと考えてしまいますね。

スポンサー

 

バイクの暑さ対策

真夏はただでさえ暑い、バイク乗りの暑さ対策は一体どうすればいいのでしょうか?

まずは、速乾性のあるシャツです。

いろんなメーカーで販売されていますから選ぶのが大変かもしれませんが、一番のおすすめは登山用のアンダーウエア(上下)です。これだと運転中、大量に汗をかいても上に着ているシャツやズボンにまで汗が染みだすことは稀です。

さらに気化熱を利用したクールベスト、クールスカーフか首に濡れタオル。これらはなかなか冷やされます。

どういう仕組みかというと、液体が蒸発して気体になる際、周りから熱を吸収するのですが、この時の熱を気化熱と言います。液体が蒸発するためには熱が必要で、その熱は液体が接しているものから奪います。これは体から熱を奪うことですので体温が下がるわけです。

ちなみに子供のころ、雨でぬれたとか、風呂から出て水滴がついてる等のとき、「風邪をひくから早く体をふきなさい」と注意されたことはありませんか?これは体についた水滴が蒸発するときに体温が下がること、気化熱の原理を昔からわかっていたから言われてきたのですね。

クールベストは、電気を使わず水の気化熱を利用して冷却する商品です。水に浸したあと軽く水を切ってから着用するタイプ、ベストの中に水をためておくタイプがあります。どちらも5~10時間ほど体を冷やす効果があります。

クールスカーフや首に濡れタオルも原理は同じで、気化熱で体を冷やします。

ところで、保冷剤を体に巻くなどして直接的に体温を下げてはどうかとというアイデアはいかがですか?

個人的には、0度のものが触れている体の一部分だけが冷たいというのは好みではありません。もっともふつうのベストのお腹側、背中側とも隙間なく保冷剤を貼り付けておけば、一部分だけ冷たいというより上半身だけ震えがあるくらいに冷えるかもしれません(苦笑)。

クールベストはこれ自体を凍らせない限りは、保冷剤の冷たさには及びません。でも、やんわり涼しい方が体に優しいかなぁとも思います。

ちなみに大型バイクと言えば、大きなエンジンを積んでいます。運転するということは、その上をまたぐように乗車するわけですが、思ってるほどはエンジンの熱気が体に伝わらないのは意外ですよね。

ヘルメットの暑さ対策

次にヘルメットの暑さ対策です。

ヘルメットは、万が一の時のための安全対策です。ただ、本来の目的である頭を守ることだけしか機能がないと走行中に熱中症で事故ってしまうかもしれません。

安価過ぎる商品は、暑さ対策はほぼありません。そればかりか安全性も心配です。

予算の制約もあると思いますが、通気性に考慮したディフューザーがあって、ワンタッチ格納のシールド、インナーシールドもある商品が良いですね。

人によっては、頭皮に風を感じる程ではないかもしれませんが、ベンチレーションシステム(通気、換気)のないヘルメットは確実に<蒸れる>ことだけは間違いありません。

スポンサー

 

バイク運転中の水分補給

暑いということは、熱中症に気を付けなければなりません。

そういった意味では、喉の渇きを感じる前のこまめな水分補給、そして真水よりもスポーツドリンクや経口補水液が望ましいといわれます。

でもバイク乗りには、ちょっと事情が違います。

どちらと言えば、真水の優先する方の方が少なくありません。なぜなら、万が一コケたときなどに傷口を洗い流せるとか、ヘルメットを脱いだ時に顔や頭からかけてもベタベタしないとかという利点があります。

他に多い意見としては、以下の通りです。

  • スポーツドリンクに真水を加えて2~3倍ほど薄めたもの
  • wiggleの電解質タブレット
  • 冷たいお茶
  • VAAM500ml(脂肪燃焼系ドリンク)に六甲のおいしい水を加えたもの
  • ミネラル麦茶
  • CCDドリンク
  • 果汁100%ジュース
  • 緑茶

・・・などがありました。

ちなみに青汁と黒酢にチャレンジしたとき、走りながらは飲めなかったという意見もありました。ただ、薄めた黒酢なら飲めるかも、とのこと。

まとめ

以上、真夏にバイクを乗るときの注意点でした。

バイクは、ちょっとの油断で大きな事故に直結しがちです。

安全に行ってらっしゃい!

スポンサーs

 

-暑さ対策


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

エアコン水漏れの原因は?修理を業者に頼む前に自分でできること

エアコンで冷房を使い始める時期は、水漏れトラブルが目立ちますね。ただ、程度は様々で業者に電話する前に自分で着ることもありますよ。 暑い夏にエアコンは、無くてはならない必須の電化製品です。 そんな時にエ …

動画/エアコン掃除のやり方、業者に頼む前に自分でできること

本来、エアコンは定期的に掃除することが理想です。ただ、毎回業者に依頼する必要はありません。自分でできることがあります。 とは言え、ついつい億劫になってサボってしまいがちで、気が付いたときにはエアコン内 …

赤ちゃんの暑さ対策、室内で昼間や夜の過ごし方や保冷材の使い方

お母さんには快適なエアコンが効いた部屋は、赤ちゃん必ずしも良いとは限りません。むしろ悪いかも・・・暑さに強い赤ちゃんにするためお母さんができる工夫とは?

暑さ対策グッズで屋内・屋外・夜の場面ごとに売れ筋7選

毎日の暑さにはほとほと困りますね。涼めるグッズは1つでは済まないので場面ごとに使い勝手の良いアイテムをご紹介します。 家でも会社でもエアコンがあるかもしれませんが、エアコンが苦手だったり、たまたま冷風 …

 

最近更新した記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。